鬼滅の刃

【鬼滅の刃】最終回は近い!?第2部であり得そうな展開を考察!

本誌の鬼滅の刃は、現状ラスボスである無惨との戦いが佳境を迎え、今にも最終回になりそうな雰囲気が漂っています。そこで今回、鬼滅の刃の最終回が近いのかどうかを考察してみました。鬼滅の刃の今後の展開が気になる方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃の最終回は近い??

本誌で鬼滅の刃を追っている人は感じていると思いますが、鬼滅の刃は最終回が近い感じがします。現在の始祖である鬼舞辻無惨との戦いも佳境を迎えています。無惨は現状鬼滅の刃のラスボスなので、無惨との戦いが終わると鬼滅の刃は終わる可能性は高いでしょう。作中の伏線もほとんど回収されていますしね。そう考えると、鬼滅の刃は後数話の内に最終回を迎えてもおかしくありません。

ただ、私個人的には無惨との戦いが終わっても鬼滅の刃最終回にはならないと思っています。確かに終わり間近のような雰囲気はあるのですが、冷静に考えるとまだまだ続く可能性も十分に考えられるからです。

鬼滅の刃の最終回がまだまだ先だと思う理由

私的には鬼滅の刃最終回はまだまだ先になると思っているのですが、それは無惨を倒してからのエピソードがいくつか想像できるからです。今回、私が思う無惨撃破後にありそうなエピソードを紹介したいと思います。

鬼になった炭治郎を助ける話

これは鬼滅の刃201話が公開されてからあり得るかなと思ったエピソード。201話で主人公の竈門炭治郎が無惨の血を注ぎ込まれ、鬼に変えられてしまうというまさかの展開が描かれました。このまま炭治郎は最強の鬼となり、鬼となってしまった炭治郎を人間に戻すための話が始まっていく展開はあり得そうな気がします。さすがに主人公が鬼のまま誰かに殺されてしまうというのは想像できないですからね。どうにかして人間に戻す方法を同期の我妻善逸嘴平伊之助が考えてくれるのではないでしょうか??と言うより、そうじゃないと炭治郎があまりに報われなすぎます。ジョジョのようにここから主人公が交代し、第2部に突入するという展開は十分あり得そうですし面白いと思います。

無惨の医者が黒幕だったという話

私的には平安時代の無惨の担当医はかなり怪しいと思っています。無惨はこの医者から投与された薬によって鬼になってしまいました。今のところ無惨が鬼になってしまったのは偶然生じた悲劇のように描かれていますが、もしかするとこの医者が意図的に無惨を鬼に変えたのかもしれません。人間を鬼に変える効果のある薬を作るくらいなので、この医者はかなり怪しいと思うんですよね。まだ未回収の伏線である青い彼岸花の詳細を知っている人物でもありますし、実は無惨に殺されてはおらず生きていて、無惨を意図的に生み出した黒幕だったという可能性は考えられます。

最終回は近いと思いますか??

確かにこのまま無惨との戦いが終わってスッと最終回を迎えるパターンも全然あると思いますが、よく考えてみるとまだまだ続くパターンもあると思います。と言うより、「続いてほしい」という願望が強いかもしれませんがwあなたは鬼滅の刃はもう最終回を迎えると思いますか??それともまだまだ続くと思いますか??よければコメント欄でご意見を聞かせていただけると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。