鬼滅の刃

【鬼滅の刃】徹底強さ議論!最強キャラクターランキングベスト40!

アニメが話題となり、現在超人気漫画となっている鬼滅の刃。本屋でも単行本が売り切れまくりと、鬼滅の刃の勢いはとどまることを知りません。

今回は、そんな鬼滅の刃における最強キャラクターランキングです。鬼滅の刃には、柱や十二鬼月といった強いキャラクターがたくさん登場しますが、その中でどのキャラが最強なのか気になりますよね??そこで今回、私の独断と偏見で鬼滅の刃の最強キャラランキングを作成したので、鬼滅の刃の最強キャラがいったい誰になるのか気になる方は、ぜひご覧になってください。

鬼滅の刃の強さ議論!最強キャラクターランキング!

40位 母蜘蛛

累の母親役の鬼で、那田蜘蛛山の戦いで登場した。糸で相手を操る血鬼術を扱い、尾崎など複数の鬼殺隊隊士を操って炭治郎らの行く手を阻んだ。炭治郎らと対峙した際は自ら頚を差し出し、水の呼吸伍ノ型 干天の慈雨によってトドメを刺された。

母蜘蛛についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】母蜘蛛についてまとめてみた【累の母親役の鬼】」をご参照ください。

39位 矢琶羽

朱紗丸と一緒に珠世の屋敷を襲った鬼。掌の目を開くことで出現する矢印で、力のベクトルを自在に操ることができる高潔の矢という血鬼術を扱う。また、足跡の向かう先を見ることができるなど追跡用として使うこともでき、このおかげで見えないはずの珠世の屋敷を見つけることができた。相手に矢印を付与して態勢を崩したり、上空に飛ばしたり、太刀の方向をずらしたりなど、厄介な攻撃を繰り出してくる。

矢琶羽については「【鬼滅の刃】矢琶羽についてまとめてみた【紅潔の矢の能力者】」にさらに詳しくまとめています。

38位 朱紗丸

矢琶羽とともに珠世の屋敷を襲った鬼。破壊力のある鞠を複数投げつけて戦う。鞠の威力はかなりのもので、珠世の屋敷の壁をぶち抜いたり、愈史郎の頭を粉々にしたり、蹴り返そうとした竈門禰豆子の足を吹き飛ばしたりしていた。

朱紗丸については「【鬼滅の刃】朱紗丸についてまとめてみた【鞠を操る鬼】」にさらに詳しくまとめています。

37位 響凱

鼓屋敷の主。体に埋め込まれた鼓を打つことで、屋敷内の部屋を回転させたり、爪のような斬撃攻撃を繰り出すことができる血鬼術を扱う。もともとは十二鬼月の鬼で、下弦の陸の地位を与えられていたが、これ以上人間を食べることができない状態となってしまい、無惨に見限られて十二鬼月から降格させられてしまった。

響凱については「【鬼滅の刃】響凱についてまとめてみた【鼓を打つ元十二鬼月の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

36位 父蜘蛛

十二鬼月下弦の伍の累の父親役の鬼。累から力を与えられており、強靭な肉体が特徴の鬼。並みの鬼殺隊隊士の攻撃では傷すらつけることができず、炭治郎&伊之助でも苦戦し、冨岡の助けが来なければ伊之助はやられてしまうほど追い詰められていた。

父蜘蛛については「【鬼滅の刃】父蜘蛛についてまとめてみた【累の父親役の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

35位 釜鵺

十二鬼月下弦の陸の鬼。無惨に招集された際に殺されてしまったので戦闘能力は未知数だが、下弦の陸ということでこの順位にランクインさせていただきました。

釜鵺についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】釜鵺についてまとめてみた【十二鬼月下弦の陸】」をご参照ください。

34位 累

十二鬼月下弦の伍の鬼。那田蜘蛛山で家族の鬼と共に狩りをしている。鋼鉄並みの硬度を誇る糸を自在に操る血鬼術を扱う。那谷蜘蛛山の戦いで敗れるが、冨岡が助けに来なければ炭治郎との戦い自体には勝っていた。

累については「【鬼滅の刃】累についてまとめてみた【那田蜘蛛山を縄張りとする下弦の伍】」にさらに詳しくまとめています。

33位 零余子

十二鬼月下弦の肆の鬼。無惨に招集された際に殺されてしまったので戦闘能力は未知数ですが、下弦の肆ということでこの順位にランクインさせていただきました。

零余子についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】零余子についての情報まとめ【十二鬼月下弦の肆】」をご参照ください。

32位 病葉

十二鬼月下弦の参の鬼。無惨に招集された際に殺されてしまったので戦闘能力は未知数だが、下弦の参ということでこの順位にランクインさせていただきました。

病葉についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】病葉についてまとめてみた【十二鬼月下弦の参】」をご参照ください。

31位 轆轤

十二鬼月下弦の弐の鬼。無惨に招集された際に殺されてしまったので戦闘能力は未知数ですが、下弦の弐ということでこの順位にランクインさせていただきました。

轆轤についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】轆轤についてまとめてみた【十二鬼月下弦の弐】」をご参照ください。

30位 魘夢

十二鬼月下弦の壱の鬼。相手を眠られ、意のままに夢を見せることができる血鬼術を扱う。眠らせることができれば、基本的に身動きを取ることも目覚めることもないので勝利が確定となる。ただ、夢の中で自決をすると目覚めることができるので、それに気づいた人間は自力で目覚めることができるという弱点はあるが。

魘夢については「【鬼滅の刃】魘夢についてまとめてみた【悪夢を見せる下弦の壱】」にさらに詳しくまとめています。

29位 珠世

無惨の呪いから外れることができた鬼の中でも例外的存在。無惨の呪いから外れているので、無惨のために行動しているわけではなく、むしろ無惨と敵対としている。惑血という血の匂いが及ぶ範囲に幻覚を見せたり、脳の機能を低下させたりする血鬼術を扱う。朱紗丸にはこの惑血の能力で無惨の名前を口に出させ、呪いの力で自滅させるという戦い方を見せた。

珠世については「【鬼滅の刃】珠世についてまとめてみた【普通の鬼から脱却した特別な鬼】」にさらに詳しくまとめています。

28位 煉獄槇寿郎

炎柱の煉獄杏寿郎の父親。今は現役を引退しているが、元柱ということで今なおかなりの実力は有していると思われます。他の元柱キャラと比べて育手として剣の指導をしているわけではないので、他の元柱キャラよりは順位を下にさせていただきました。

煉獄槇寿郎についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】煉獄槇寿郎についてまとめてみた【杏寿郎の父親で元炎柱】」をご参照ください。

27位 桑島慈悟郎

鬼殺隊の育手で善逸の師匠にあたる人物。元鳴柱で雷の呼吸の使い手であった。35歳の時に鬼との戦いで片足を失って現役を引退した。弟子の一人だった獪岳が鬼になってしまったことに責任を感じ、切腹して自害してしまった。

桑島慈悟郎についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】桑島慈悟郎についての情報まとめ【善逸の師匠】」をご参照ください。

26位 鱗滝左近次

鬼殺隊の育手で炭治郎や冨岡義勇の師匠にあたる人物。元柱で水の呼吸の使い手であった。完全に剣技から離れている煉獄槇寿郎や片足が義足の桑島といった他の元柱キャラの中では一番の実力者だと思われるので、この順位とさせていただきました。

鱗滝左近次についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】鱗滝左近次についてまとめてみた【炭治郎の師匠】」をご参照ください。

25位 竈門禰豆子

炭治郎の妹で、無惨の襲撃を受けて以来鬼となってしまっている。無惨から分け与えらた血が比較的多く、鬼の中でも高い戦闘能力を有している。とは言っても上弦の鬼ほどの力は有していないが。鬼となったことで体の大きさを変えることができ、上弦の陸の堕姫戦では大人の姿に変形し、堕姫を追い詰める強さを見せていた。

竈門禰豆子についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】竈門禰豆子についてまとめてみた【日光を克服した唯一の鬼】」をご参照ください。

24位 不死川玄弥

炭治郎の同期の鬼殺隊士の一人。鬼殺隊士の戦いの要である全集中の呼吸が使えない代わりに、鬼を食らうことで一時的に鬼の力を得ることができるという能力をもっている。剣技が使えないので、メインの武器は鬼にも有効な特別な銃。

不死川玄弥については「【鬼滅の刃】不死川玄弥についてまとめてみた【鬼化できる異能者】」にさらに詳しくまとめています。

23位 嘴平伊之助

炭治郎と同期の鬼殺隊士の一人。触覚に非常に優れ、敵意を向けられていれば見ていなくても相手の視線がどこにあるか感じ取れるほど。また、全身の関節を自在に付け外しすることが可能で、関節を外して通常入れない大きさの穴に侵入したり、関節を外すことで攻撃のリーチを伸ばしたりと変則的な攻撃を仕掛けることができる。扱うのは獣の呼吸という伊之助独自の呼吸。

伊之助については「【鬼滅の刃】嘴平伊之助についてまとめてみた【山育ちの野蛮人】」にさらに詳しくまとめています。

22位 栗花落カナヲ

炭治郎と同時期に鬼殺隊に入った同期の一人。蟲柱の胡蝶しのぶの継子でもある。花の呼吸の使い手で、視覚に優れている。上弦の弐の童磨との戦いでは、血流を眼球に集めて相手の動きがスローモーションに見えるほど視力を強化するという離れ技を見せつけた。童磨に「胡蝶しのぶより実力があるかもしれない」と言わせるほどのポテンシャルをもっているため、今後は柱を上回る実力者になっていくと思われる。

カナヲについては「【鬼滅の刃】栗花落カナヲについてまとめてみた【炭治郎と同期の女剣士】」にさらに詳しくまとめています。

21位 獪岳

堕姫&妓夫太郎の代わりに新たに上弦の陸となった鬼。無限城での戦いで善逸の前に現れた。もともとは剣士で、善逸と同じく桑島慈悟郎の下で修行を受けていた。雷の呼吸の使い手で、善逸と逆で壱ノ型以外の技を使うことができる。鬼になってからは血鬼術と合わせることで斬った相手をひび割れ状態にし、徐々にひび割れが広がっていく技にパワーアップさせている。上弦の鬼にも関わらず無限城での戦いで柱でもない善逸にタイマンで敗れたが、これはまだ獪岳が鬼になってから日が浅く、血鬼術を十分に扱うことができなかったためと説明されている。

獪岳については「【鬼滅の刃】獪岳についてまとめてみた【最弱の上弦の鬼ww】」にさらに詳しくまとめています。

20位 我妻善逸

炭治郎と同期の鬼殺隊の一人。雷の呼吸の使い手だが、完璧に習得しているわけではなく、壱ノ型しか扱うことができない。ただ、無限城で新たに上弦の陸となった元兄弟子の獪岳と戦った際に漆ノ型 火雷神を覚え、壱ノ型以外の技も使えるようになった。柱でないにも関わらず、鬼として完全に力を発揮できていなかったとは言え上弦の鬼をタイマンで倒していたあたり、かなりのポテンシャルを秘めているキャラと言える。

我妻善逸については「【鬼滅の刃】我妻善逸についてまとめてみた【やる時はやる愛されキャラ】」にさらに詳しくまとめています。

19位 胡蝶カナエ

鬼殺隊の元柱。作中ではすでに童磨に殺されてしまっているので実力は未知数ですが、柱にまで登り詰めているので相応の実力はあったと思われます。

胡蝶カナエについてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】胡蝶カナエについてまとめてみた【しのぶの姉で元柱】」をご参照ください。

18位 伊黒小芭内

鬼殺隊の蛇柱。蛇の呼吸の使い手で、独特な軌道で変則的な攻撃を得意としている。伊黒は戦闘シーンがほぼないのでこのランキングには組み込みにくかったのですが、一応柱ということでこの順位に落ち着かせました。

伊黒小芭内については「【鬼滅の刃】伊黒小芭内についてまとめてみた【謎多き蛇柱】」にさらに詳しくまとめています。

17位 宇髄天元

鬼殺隊の音柱。元忍者だったということで、隠密行動を得意とし、潜入捜査などに向いている。吉原遊郭に潜む堕姫を特定し、炭治郎らと共に鬼殺隊の悲願となる上弦の鬼討伐を果たした。鬼にも有効な爆薬を使いながら特殊な日輪刀で爆発を引き起こしながら戦う音の呼吸を扱う。上弦の陸の堕姫&妓夫太郎相手に苦戦し、宇髄一人であれば間違いなくやられていたことから柱の中ではランキングは下の順位とさせていただいています。

宇髄天元については「【鬼滅の刃】宇髄天元についてまとめてみた【作中屈指のイケメンの音柱】」にさらに詳しくまとめています。

16位 甘露寺蜜璃

鬼殺隊の柱の一人で恋柱を務めている。常人の八倍の筋力を持つ超人体質で、見た目以上に怪力。柱の腕相撲ランキングでも3位で、女性にも関わらず異常な順位にランクインしているのはこの体質のおかげ。新体操のリボンのような特殊な日輪刀から繰り出す恋の呼吸を扱う。上弦の肆の半天狗が生み出す鬼の中でも最強の憎珀天と炭治郎が本体を倒すまで戦い続けることができていた。

甘露寺蜜璃については「【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃についてまとめてみた【鬼滅の刃唯一のお色気担当キャラ】」にさらに詳しくまとめています。

15位 胡蝶しのぶ

15位に選んだのは鬼殺隊の蟲柱、胡蝶しのぶ。の頚を切断する力がない代わりに、並みの鬼であれば即殺可能な毒で鬼を討伐していく。上弦の弐の童磨のような毒に耐性がある鬼いるのでどんな鬼にも有効なわけではありませんが、頚でなくとも攻撃さえすれば鬼を倒すことができるというのは大きな強みです。童磨に敗れ死亡してしまいましたが、後にカナヲたちがきっかけとなりました。

胡蝶しのぶについては「【鬼滅の刃】胡蝶しのぶについてまとめてみた【蟲の呼吸の毒使い】」にさらに詳しくまとめています。

14位 堕姫・妓夫太郎

14位に選んだのは十二鬼月上弦の陸の堕姫&妓夫太郎。吉原遊郭で宇髄や炭治郎らを苦しめました。特に強いのが妓夫太郎。妓夫太郎の血鬼術、血鎌はすべての攻撃に強力な毒が付与されており、一撃でも浴びると致命傷となってしまうのでかなり殺傷力が高い攻撃となっている。しかも、ただ頚を落とすだけではダメで、堕姫と同時に頚を斬り落とさないといけないのも厄介。

堕姫については「【鬼滅の刃】堕姫についてまとめてみた【花魁に化ける上弦の陸】」に、妓夫太郎については「【鬼滅の刃】妓夫太郎についてまとめてみた【一番悲惨な過去を持つ鬼!?】」にさらに詳しくまとめています。

13位 玉壺

13位に選んだのは十二鬼月上弦の伍の玉壺。半天狗とともに刀鍛治の里を襲撃し、霞柱の時透と戦いました。壺に人間を引きずり込んだり、壺から化け物を生み出したり、壺から壺へ自由に移動したりと、壺を活かしたトリッキーな戦いをしてくる鬼。正直、作中を見る限り強いようには思えませんでしたが、上弦の鬼は柱3人分に相当する強さと言われているので、この順位とさせていただきました。「柱3人分」と言っても、こいつは時透一人に完封されていたのですがねw

玉壺については「【鬼滅の刃】玉壺についてまとめてみた【悪趣味すぎる芸術家】」にさらに詳しくまとめています。

12位 煉獄杏寿郎

12位に選んだのは炎柱の煉獄杏寿郎。炎の呼吸の使い手で、無限列車での戦いで炭治郎らとともに戦ってくれました。杏寿郎は下弦の壱の魘夢から無限列車に乗る乗客300人を守り切る活躍を見せてくれました。上弦の参の猗窩座との戦いに負けてしまいましたが、猗窩座からも強さを認められていたあたり、柱の中でも実力者であったことがうかがえます。

杏寿郎については「【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎についてまとめてみた【弱きを助ける炎柱】」にさらに詳しくまとめています。

11位 半天狗

11位に選んだのは十二鬼月上弦の肆の半天狗。半天狗は玉壺とともに刀鍛治の里を襲撃し、炭治郎らと戦いました。半天狗は頚を斬り落とされる度に、若く強力な分身体を生み出す血鬼術を扱います。分身体それぞれが強力な上に、生み出した分身体を合体させ超強力な鬼を作り出すことも可能。炭治郎、不死川玄弥、甘露寺蜜璃の3人がかりでもかなり苦戦するほどの強さでした。おまけに本体は野ねずみほどの大きさの鬼で、戦線を離れた安全なところで分身体を操っているため、なかなか本体の存在に気づくことができない。厄介さでいえば十二鬼月の中でも最強レベルと言える。

半天狗については「【鬼滅の刃】半天狗についてまとめてみた【作中一のゲスキャラww】」にさらに詳しくまとめています。

10位 竈門炭治郎

10位に選んだのは鬼滅の刃の主人公、竈門炭治郎。実際のところ、柱のほうがまだ実力は上だと思いますが、今後の成長の期待も込みで10位に選ばせていただきました。タイマンではないものの、妓夫太郎半天狗、猗窩座といった上弦の鬼を何体も倒しているのは炭治郎だけなのでさすが主人公といったところ。

竈門炭治郎については「【鬼滅の刃】竈門炭治郎についてまとめてみた【誰よりも優しい鬼滅の刃の主人子】」にさらに詳しくまとめてみました。

9位 時透無一郎

9位に選んだのは霞柱の時透無一郎。刀を握ってわずか2ヶ月で柱となってしまった天才剣士。柱でも基本的に上弦の鬼には敵わないが、タイマンで上弦の伍である玉壺を倒しているあたり、歴代柱の中でも相当に強いことがうかがえる。ただ、十二鬼月の中でも最強の黒死牟にはやられてしまった。

時透については「【鬼滅の刃】時透無一郎についてまとめてみた【最年少の柱】」にさらに詳しくまとめています。

8位 冨岡義勇

7位に選んだのは水柱の冨岡義勇。炭治郎と一緒にではあるが、上弦の参で煉獄も敵わなかった猗窩座を倒している。時透と冨岡どちらを上にしようかはかなり迷ったが、ポテンシャル的には時透のほうが上だと思うが、実践経験的が冨岡のほうが圧倒的に上で、総合的に見ると冨岡のほうが強いと判断し、この順位とさせていただきました。

冨岡については「【鬼滅の刃】冨岡義勇についてまとめてみた【歴代最強の水柱!?】」にさらに詳しくまとめています。

7位 不死川実弥

7位に選んだのは風柱の不死川実弥。暴風のように荒々しい動きで斬り込む風の呼吸の使い手。悲鳴嶼や時透といった他の仲間と一緒にではあるが、最強の鬼である黒死牟を倒すほどの実力者。名言はされていないものの、おそらく悲鳴嶼に次ぐ鬼殺隊No.2の実力者だと思われる。

不死川実弥については「【鬼滅の刃】不死川実弥についてまとめてみた【風の呼吸の使い手で稀血の持ち主】」にさらに詳しくまとめています。

6位 猗窩座

十二鬼月上弦の参である猗窩座を6位に選ばせていただきました。鬼となり不死となったことで無限の修練に励んでおり、絶大な戦闘力を誇る。炎柱の煉獄杏寿郎ですら猗窩座には敵わなかった。身体能力を強化し格闘術を放つというシンプルにして強力な破壊殺という血鬼術を扱う。さらに、羅針という闘気を感知し、相手の動きを読み取ることも可能で、純粋な戦闘能力でいえば十二鬼月の中でも最強クラスと言える。

猗窩座については「【鬼滅の刃】猗窩座についてまとめてみた【戦闘狂の上弦の参】」にさらに詳しくまとめています。

5位 童磨

5位に選んだのは十二鬼月上弦の弐である童磨。自らの血を凍らせ、冷気を操る血鬼術を扱う。凍らせた血を微細な霧状にして周囲に散布させ、吸い込んだ相手の肺を壊死させるという凶悪すぎる技も持ち合わせている。十二鬼月は、基本的に上弦の壱に近ければ近いほど強いとされているので、猗窩座よりも上の順位とさせていただきました。しかも、猗窩座よりも後から鬼になったにも関わらず猗窩座よりも上の位となっています。

童磨については「【鬼滅の刃】童磨についてまとめてみた【上弦の弐の氷の血鬼術の使い手】」にさらに詳しくまとめています。

4位 悲鳴嶼行冥

4位に選んだのは鬼殺隊岩柱の悲鳴嶼行冥。鬼殺隊最強の男で岩の呼吸の使い手。呼吸を習得していないにも関わらず、素手で鬼を殴り殺すというトンデモエピソードの持ち主でもある。目が見えないという通常戦闘において致命的とも言えるほどの弱点を抱えているが、鬼殺隊最強ともなるとその程度どうってこともない模様。武器も他の鬼殺隊員が用いる日本刀ではなく、斧に鋼鎖球が繋がれた特殊な武器を扱う。身長は2m超えと体格に恵まれており、柱の腕相撲ランキングでも堂々の1位。不死川や時透といった他の仲間との協力込みではあるが、十二鬼月最強の黒死牟を倒している。

悲鳴嶼については「【鬼滅の刃】悲鳴嶼行冥についてまとめてみた【鬼殺隊最強の剣士】」にさらに詳しくまとめています。

3位 黒死牟

3位に選んだのは十二鬼月上弦の壱である黒死牟。鬼の中でも精鋭部隊である十二鬼月の上弦の壱に君臨し、無惨を除いた鬼の中では最強の鬼。もともと剣士とあって、鬼血術に加えて呼吸も扱うことができる。月の呼吸の使い手。通常は鬼殺隊が使っている日本刀を使用しているが、本気になると超大振りの刀を精製する。透き通る世界という相手の動きを先読みするというチート染みた技を使うことも可能。悲鳴嶼、不死川、時透といった柱の中でも最強クラス勢にやられてしまったが、タイマンなら間違いなくやられることはなかったであろうことからこの順位とさせていただきました。

黒死牟については「【鬼滅の刃】黒死牟についての情報まとめ【上弦の壱で正体は継国巌勝】」にさらに詳しくまとめています。

2位 鬼舞辻無惨

2位に選んだのは鬼の頂点である鬼舞辻無惨。血を与えることで人間を鬼に変えることができ、鬼に血を与えることでさらに強力な鬼にすることができるというまさに鬼殺隊の宿敵。詳細の能力は不明だが、鬼の弱点である頸を落としても死なず再生力も圧倒的に高いということで、今のところまともに戦って勝つ方法は見当たらない。珠世の人間に戻る薬を吸収してしまって、一時肉の繭で回復を図っていたが、180話で異形な姿となって完全復活を果たした。この姿の無惨がどのような能力を使うのか楽しみなところ。

無惨については「【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨についての情報まとめ【鬼を生み出すすべての元凶】」にさらに詳しくまとめています。

1位 継国縁壱

第1位に選んだのは継国縁壱。鬼滅の刃最強はこの男で異論はないでしょう。あの無惨ですら恐れをなしたほどの実力者。竹刀の持ち方を教わって即、兄の巌勝がいくらやっても勝てなかった父の門下生を倒してしまうほどの圧倒的な才能の持ち主だった。十二鬼月最強の黒死牟ですら、「次の一撃でやられる」と覚悟してしまうほどの実力差があったことからも、やはり作中最強であることがうかがえる。すべての呼吸の元となった日の呼吸の使い手であるが、能力の詳細はいまだ不明。

縁壱については「【鬼滅の刃】継国縁壱についてまとめてみた【耳飾りの剣士の正体】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、鬼滅の刃の最強キャラランキングでした。いかがだったでしょうか??今回は私の独断で選んだランキングになるので、人によって順位は異なってくるかと思います。なにかご意見ありましたら、コメント欄にてコメントいただけると幸いです。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    しのぶは、甘露寺とか伊黒さんよりは、弱いと思う…

    • 匿名 より:

      正直、私もそう思います。鬼の頸が切れない上に、一番小柄だから。さすがに、筋肉が常人の八倍もある甘露寺さんよりも弱いということは、あり得ないでしょう。しかも、途中で亡くなってしまっているし。

  2. 匿名 より:

    上位4名は確定ですね

  3. ゆき より:

    なんで黒死牟マイク握ってるんですか?

    • 匿名 より:

      ですよね!私もすごく謎でした!私は、ちょうど良い隙間があったから…だと思います。もしくは、セリフを強調したかったから…かもしれません。

  4. 名無し より:

    朱紗丸=カイリキー?

  5. にっく より:

    悲鳴嶼行冥は童磨に勝てなくね?目が見えないから粉凍りとか範囲がわからなくてまともに食らいそうなんだが

  6. 匿名 より:

    強さの測り方がいまいち不明なのはともかく
    マイクが気になる(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。