鬼滅の刃

【鬼滅の刃】痣とは!?痣者のキャラクター一覧【寿命の前借りが本質】

鬼滅の刃における重要事項である痣者。痣が発現した人間は著しく戦闘能力が上がる代わりにとあるものを失ってしまうことが作中で明らかになりました。

今回は、痣について作中で明らかになっている情報をまとめてみました。痣についての情報を振り返りたい方はこちらをご覧ください。

 

痣者

 

痣が発現すると戦闘能力が著しく向上する

痣が発現すると戦闘能力が著しく向上する。十二鬼月上弦のにも匹敵する力を発揮することができるようになり、上弦の鬼は柱3人分に相当する強さの鬼と作中で言われていたが、痣が発現した時透無一郎は一人で上弦の伍である玉壺を討伐することができるほどの力を手にしていた。

 

痣の発現条件

痣には発現条件がある。

  1. 心拍数が200を超える
  2. 体温が39度以上になる

通常なら死んでしまうこの2つの条件をクリアすることで、体に痣が発現する。

 

痣の本質は寿命の前借り

痣が発現することで戦闘能力を著しく向上させることはできるが、その本質は寿命の前借りであることが上弦の壱の黒死牟の口から明かされた。つまり、単純なパワーアップではなく、寿命を縮める代わりに絶大な力を得るというリスクつきのパワーアップであることが明らかになった。痣が発現した人間は例外なく25歳を超えて生きることができないとされている。ただし、痣が発現しているにも関わらず齢80を超えていた継国縁壱という例外もいるので、必ずしも25で死ぬわけではない模様。

 

痣者一覧

 

継国縁壱

全集中の呼吸の生みの親。痣が発現したにも関わらず80歳を超えて生きた例外。

 

黒死牟

人間だった頃に痣が発現。鬼舞辻無惨に出会い、鬼になったことで痣の副作用で死ぬことはなかった。

 

竈門炭治郎

上弦の陸妓夫太郎との戦いの中で痣が発現。

 

時透無一郎

上弦の伍玉壺との戦いの中で痣が発現。

 

甘露寺蜜璃

上弦の肆半天狗との戦いの中で痣が発現。

 

冨岡義勇

上弦の参、猗窩座との戦いの中で痣が発現させていた。

 

悲鳴嶼行冥

上弦の壱、黒死牟との戦いの中で痣を発現させていた。

 

不死川実弥

上弦の壱、黒死牟との戦いの中で痣を発現させていた。

 

伊黒小芭内

無惨との戦いで痣を発現させていた。

まとめ

以上、痣者についてまとめてみました。痣についてはまだ明らかになっていない情報もあるので、今後出てくる情報にも注目しておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。