鬼滅の刃

【鬼滅の刃】猗窩座の名言・名シーンまとめ

鬼滅の刃の鬼の中で一番感動的エピソードだった猗窩座。猗窩座の人間時代のエピソードには泣いてしまった人も多いのではないでしょうか??

今回、猗窩座の作中における名言や名シーンをまとめてみました。猗窩座の感動的なセリフなどを振り返っていきたい方はぜひご覧になってください。

 

猗窩座の名言・名シーン

 

お前も鬼にならないか?

鬼滅の刃63話で煉獄杏寿郎に放ったセリフ。シバターばりの勧誘を見せる猗窩座さん。なんか憎めないんですよねw

 

俺は必ずお前を殺す

鬼滅の刃99話で十二鬼月上弦の壱の黒死牟に放ったセリフ。強さを求め続ける猗窩座らしいセリフです。

 

“この少年は弱くない 侮辱するな” 杏寿郎の言葉は正しかったと認めよう お前は確かに弱くなかった 敬意を表する

鬼滅の刃147話で強くなった竈門炭治郎に対して放ったセリフ。強くなった炭治郎を素直に認める猗窩座さん。こういう一面が猗窩座さんの良さなんですよね。

 

そうか お前は喋るのが嫌いなのか 俺は喋るのが好きだ 何度でも聞くぞ お前の名を!!

鬼滅の刃148話で戦闘中に冨岡義勇の名前を聞き出そうとする猗窩座さんのセリフ。人と喋る時は本当にウッキウキな可愛い猗窩座さんです。

 

そう 弱者には虫唾が走る 反吐が出る 淘汰されるのは自然の摂理に他ならない

鬼滅の刃148話で炭治郎に放ったセリフ。強くなることに囚われている猗窩座の根幹となる考えが現れているセリフ。どうしてこの考えに至るようになったか後に判明するエピソードも良いんですよね。

 

きっと治す 助ける 守る 俺の人生は妄言を吐き散らかすだけのくだらないものだった

鬼滅の刃154話で人間時代のエピソードを思い出している時の猗窩座のセリフ。このセリフの意味が後々明らかになってくるのですが、もう切ないんですよね。

 

はい 俺は誰よりも強くなって 一生あなたを守ります

鬼滅の刃155話で猗窩座が人間時代だった頃に恋人の恋雪に言ったセリフ。猗窩座さんと恋雪には本当に幸せになってほしかったですね。

 

(鬼になって記憶を無くし また俺は強さを求めた 守りたかったものはもう何一つ残っていないというのに 家族を失った世界で生きていたかったわけではないくせに百年以上無意味な殺戮を繰り返し 何ともまあ惨めで滑稽でつまらない話だ)

鬼滅の刃155話で恋雪を失ったことを思い出している時の猗窩座の心の声。の中でも一番泣けるエピソードですよね。

 

(弱い奴が嫌いだ 弱い奴は正々堂々やり合わず井戸に毒を入れる 醜い 弱い奴は辛抱が足りない すぐ自暴自棄になる “守る拳”で人を殺した 師範の大切な素流を血塗れにし親父の遺言も守れない そうだ俺が殺したかったのは)

鬼滅の刃156話の死に際の猗窩座の心の声。猗窩座が強くなることに囚われ、弱者を嫌う理由が判明したセリフ。本当に感動しますよね。

まとめ

以上、猗窩座の名言や名シーンをまとめてみました。いやぁ、猗窩座のエピソードは個人的には鬼滅の刃のエピソードで一番泣けましたね。「【鬼滅の刃】ファンが選ぶリアルな人気キャラランキング」でも猗窩座は鬼の中で一番人気でしたが、人気があるのも納得ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。