鬼滅の刃

【鬼滅の刃】205話(最終回)のネタバレ【転成した鬼殺隊メンバーが登場し完結】

鬼滅の刃205話(最終回)のネタバレを掲載しています。205話(最終回)では、現代の東京が描かれます。そして、そこには転成した鬼殺隊メンバーの姿が!?鬼滅の刃205話(最終回)の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃205話(最終回)のネタバレ

時は現代

時は現代の東京。竈門カナタは寝ている竈門炭彦を起こしていた。

我妻善照のボスを倒す小説を読んでいる。

その背中を蹴飛ばすのが姉の我妻燈子

善照は「平和のために鬼と戦って命を落とした人たちは絶対みんな転成して幸せに生きてるんだ」と輪廻転成を信じていた。スマホには体操で金メダルを取る宇髄天満が映っていた。

また、嘴平青葉という植物学者も登場。

嘴平青葉は一年に二〜三日昼間だけに咲く青い彼岸花を研究していたが、うっかりミスですべて枯らしてしまっていた。時透兄弟らしき双子の赤ちゃんも登場。

鶺鴒女学院の胡蝶姉妹の生まれ変わりらしき人物も登場。

燈子とカナタはラブラブなご様子。

悲鳴嶼は幼稚園の先生をやっていた。

甘露寺と伊黒は二人で定食屋を営んでいる。

鬼滅の刃完

炭彦がようやく目覚めるが完全に遅刻の時間だった。時間短縮のために驚異の身体能力で建物間を移動する炭彦。

桑島と鱗滝は家で将棋を指している。

テレビに映るのは日本最高齢記録を更新した産屋敷さん。

パトカーには警官となった不死川兄弟が乗っている。

冨岡、錆兎、真菰は小学生となっていた。

後藤がスマホで見ていたのは珠世の絵。これは謎多き男山本愈史郎の作品で、珠世という名前の美しい女性だけを描き続ける画家によって描かれた絵だった。

学校に急ぐ炭彦は同じく遅刻しかけの桃寿郎と合流。

先生に校門を閉められそうになるが、二人は校門を乗り越え学校に急ぐ。そして、炭彦の母親に電話が掛かり話が終わる。

鬼滅の刃205話(最終回)の感想

ついに鬼滅の刃が完結しました!!伝説的漫画の幕引きに立ち会えたのはなんだか感慨深いものがありますね。鬼滅の刃が終わってしまって残念に思う人も多いと思いますが、朗報もあります。ジャンプ本誌に掲載されていましたが、煉獄杏寿郎が主人公のスピンオフ作品が描かれるそうです。これは映画無限列車編に合わせてでしょうね。個人的に杏寿郎は好きなキャラなので、スピンオフ作品が非常に楽しみです。てか、各柱のスピンオフ作品を出してほしいですねw吾峠呼世晴先生、本当にお疲れ様でした!

<<前の話 205話

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

POSTED COMMENT

  1. もふこ より:

    世界最高齢を更新した産屋敷さんて輝利哉本人だよね?
    鬼殺隊が解散した後の彼らはまもなく戦争に突入していると思うとなんか切ないな。ばっちり生き延びてるとは思うけど。

  2. あばばばば より:

    やっぱり善照は気持ち悪い…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。