鬼滅の刃

【鬼滅の刃】203話のネタバレ【炭治郎が人間として復活で次回最終回か!?】

鬼滅の刃203話のネタバレを掲載しています。203話ではついに炭治郎が人間として復活し、無惨との戦いが完全決着となります。鬼滅の刃203話の内容を知りたい方はご参考ください。

鬼滅の刃203話のネタバレ

無惨と最後の戦い

鬼舞辻無惨に変えられてしまった竈門炭治郎は精神世界をさまよっていた。

炭治郎は竈門禰豆子と一緒に家に帰ることを望んでいるが無惨がそれを阻止しようとする。「家族は皆死んだ」「死骸が埋まっているだけの家に帰ってどうなる?」と。

「思い出が残ってる」「俺と禰豆子がいる限りあの幸せな日々は消えない」と言う炭治郎はやはり家に帰ろうとする。そして、すでに死んでしまっている人間たちも炭治郎の背中を後押しする。

「傷つけてしまった仲間たちに謝りたい」と炭治郎は言うが、「鬼でなくなればの代償で数年の内に死んでしまう」と無惨はやはり炭治郎を止めようとする。が、炭治郎は「無限の命なんていらない」「俺は人間として死ぬんだ」と拒絶する。

無惨は「大勢の者が死んだというのにお前だけが何も失わずにのうのうと生き残るのか?」と言う。が、死んでいった鬼殺隊の人間たちも炭治郎の背中を押す。

蘇る炭治郎

炭治郎の上には藤の花が咲き誇り、そこから禰豆子の手が炭治郎の手を引っ張る。

無惨は「太陽すら克服した究極の生物になれる」と炭治郎を鬼にさせようとするが、他の仲間も炭治郎の手を引っ張り上げる。

そして、炭治郎の体は引っ張り上げられ、無惨の手から離れていく。こうして、炭治郎は人間として目を覚ますのであった。

建物の中には愈史郎がいて、茶々丸も生き残っていることがわかった。無惨との戦いがついに決着を迎え、珠世の想いも報われたことだろう。

鬼滅の刃203話の感想

ついに、ついに炭治郎が復活し、無惨との戦いが完全に決着となりました。いやぁ〜、無惨様は最後まで無惨様らしさ全開でしたねwwあんな見苦しいラスボスもいないでしょww煽りコメントに「次回クライマックス」とありましたし、単行本も21巻以降が続けて発売されるみたいなので、どうやら鬼滅の刃はもう最終回になりそうですね。ただ、青い彼岸花の正体がなんなのかが明らかになっていないですが、これは明らかにならない感じなのでしょうか??それだけが気がかりなのですが。

<<前の話 次の話>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。