鬼滅の刃

【鬼滅の刃】202話のネタバレ【炭治郎に人間に戻る兆しが!?】

鬼滅の刃202話のネタバレを掲載しています。202話では、鬼になった炭治郎が異形な姿になってしまいます。しかし、カナヲの薬のおかげで炭治郎に人間に戻る兆しが!?鬼滅の刃202話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃202話のネタバレ

炭治郎の形態が変化

鬼舞辻無惨の血を注がれてとなってしまった竈門炭治郎。妹の竈門禰豆子が駆けつけ、「鬼になんてなっちゃだめ」と抱きしめながら声をかける。

しかし、今の炭治郎の耳には届かず、禰豆子の体を引っかきながら大声を上げる。その様子を見て我妻善逸嘴平伊之助も炭治郎を止めようとする。しかし、善逸たちの言葉も届かず、炭治郎は無惨が放ったような衝撃波を放ち善逸たちを吹き飛ばす。

そして、炭治郎の背中から背骨のようなものが飛び出し、異形な姿へと変わっていく。

カナヲの覚悟

冨岡義勇は禰豆子を噛んで血の味を覚えてしまった炭治郎を「人を殺す前に炭治郎を殺さなければ」と考えている。しかし、炭治郎には日光も赫刀も通じず、殺す方法が思いつかないでいる。炭治郎は口から衝撃波を放とうするが、禰豆子がなんとか炭治郎の攻撃を邪魔する。

冨岡は炭治郎が近くにいる禰豆子を殺さないことに疑問を抱いていた。どうやら炭治郎も鬼にならないよう抗っているようで、「炭治郎の自我を取り戻すことができるのではないか??」と冨岡は考える。

愈史郎も戦いの場にいるが、日光のせいで戦いに参加することはできていない。太陽の下では血鬼術も消滅してしまうので、隊士に札を渡して協力することもできずにいた。

そこに現れたのが栗花落カナヲ。カナヲは胡蝶しのぶから鬼を人間に戻す薬を受け取っていた。カナヲはこの薬を炭治郎に打ち込んで炭治郎を人間に戻そうとする。カナヲは残った左目で花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼を発動。

炭治郎の攻撃をかい潜り、薬を打ち込むことに成功する。

鬼滅の刃202話の感想

炭治郎が鬼になってしまい、「このまま第2部突入もあるか??」と思いましたが、今回の展開を見るにそれはなさそうですね。カナヲの薬で炭治郎は人間に戻ることができるのでしょうか??と言うか人間に戻ってほしいw次回の展開に期待です。

▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。