鬼滅の刃

【鬼滅の刃】201話のネタバレ【炭治郎が鬼に】

鬼滅の刃201話のネタバレを掲載しています。鬼滅の刃201話では、炭治郎が鬼になるというまさかすぎる展開に!!鬼になってしまった炭治郎はいったいどうなってしまうのでしょうか??鬼滅の刃201話の内容が気になる方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃201話のネタバレ

無惨の想い

201話では鬼舞辻無惨の赤子の時の様子が描かれる。無惨は母親のお腹にいた際、常に死の影がぴたりと張りついており、心臓が何度も止まりかけていた。生まれた時には死産と言われ、脈もなく呼吸もしていなかった。そのまま火葬されそうになったが、ギリギリのところで産声を上げて生を授かった。

無惨は今まで自分が強く念じたことをすべて叶え実行してきたが、今回の戦いで死に直面し、以前産屋敷耀哉に言われた「想いこそが永遠であり不滅」という言葉を正しいと思い出していた。肉体は死ねば終わりだが、想いは受け継がれ決して滅びず、不死身である無惨すら打ち負かしてしまった。その事実を目の当たりにした無惨の目には涙が流れていた。

無惨の肉体は太陽の光によって間も無く滅びようとしているが、無惨の想いもまた不滅で永遠のもの。無惨は自身の想いを死にかけの竈門炭治郎に託すことに決める。炭治郎の呼吸も心臓もすでに停止しているが、細胞のすべてはまだ死滅せずに生きている。無惨は炭治郎の体に自身の力と血をすべて注ぎ込み、陽の光を克服し、なおかつ日の呼吸を使える鬼の王を生み出そうとする。「鬼狩りを滅ぼす」という夢を叶えるために。

炭治郎が鬼に

無惨の血を注がれたことで目を覚ました炭治郎の目は無惨と同じ目となっていた。そして、失われた左腕も再生する。

そして、に襲いかかる。

しかし、の体となってしまったため炭治郎の体は陽の光で焼かれていく。炭治郎が鬼になったことを受け、冨岡義勇は戦える人間を集めて炭治郎と戦うことを決める。日陰に逃げようとする炭治郎は冨岡が邪魔するが、突如炭治郎の体の陽光灼けが止まる。無惨の思惑通り、炭治郎は太陽の光を克服してしまったようだ。

冨岡に攻撃を放つ炭治郎を止めようとする嘴平伊之助

我妻善逸はあまりの事態に立ち尽くしていた。本当の仲間だからこそ道を踏み外してしまった炭治郎を止めようとする伊之助だが、炭治郎が人間だった頃を思い出してしまい、炭治郎を斬ることができなくなってしまうのであった。

鬼滅の刃201話の感想

いやぁ〜〜、鬼滅の刃201話はとんでもない展開でしたねww200話で炭治郎が死んでしまうだけでも驚きだったのに、まさかまさかの無惨の想いを託され鬼になってしまうとは・・。こんなことがあっていいのでしょうか!!?これで今後の鬼滅の刃がどうなってしまうのはまったく予想できなくなってしまいました。鬼になった炭治郎を治すことはできるのか、それとも鬼として退治されてしまうのか。今後の展開が非常に気になるところです。

<<前の話 次の話>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。