鬼滅の刃

【鬼滅の刃】198話のネタバレ【甘露寺と実弥が復活】

鬼滅の刃198話のネタバレを掲載しています。198話では、無惨をさらに追い詰める展開に。また、戦線を離れていた甘露寺と実弥も復活してきます。鬼滅の刃198話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃198話のネタバレ

死力を尽くして無惨と戦う

弱っている鬼舞辻無惨に、我妻善逸嘴平伊之助竈門炭治郎が攻撃を畳み掛けていく。

無惨の弱体化は進んでおり、衝撃波は連続で出すことはできず、腕と触手の攻撃スピードも落ちてきていた。無惨を逃さないために、3人は攻撃を仕掛け続けていく。

もう技を出すことができない炭治郎は、無惨を壁に押しつけてその場に留めようとする。

甘露寺と実弥が復活

そこに負傷して離脱していた甘露寺蜜璃が復活してくる。

そして、無惨の腕を怪力で引きちぎる。

さらに、無惨の攻撃を食らって戦線を離脱していた不死川実弥も加勢する。

無惨は顔が裂け、怪物のような姿に変貌する。

もう太陽が見え始める時間だった。このまま無惨をこの場に留めることはできるのでしょうか??

まとめ

以上、鬼滅の刃198話のネタバレでした。198話では、さらに無惨を追い詰めることができていましたね。そして、甘露寺と実弥が復活してくれたのも安心です。ただ、伊黒小芭内が無惨に思いっきり噛みつかれていたので無事かどうかが気になるところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。