鬼滅の刃

【鬼滅の刃】197話のネタバレ【柱が復活!?】

鬼滅の刃197話のネタバレを掲載しています。鬼滅の刃197話では、さらに無惨が追い詰められる展開に。無惨はかなり限界に近づいている感じがしますね。鬼滅の刃197話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃197話のネタバレ

無惨の抵抗

珠世が作った薬のせいでかなり弱体化してしまっている鬼舞辻無惨。無惨は竈門炭治郎らにトドメを刺すべく、体から強力な衝撃波を発する。

無惨の攻撃の苛烈さに、炭治郎は息ができなくなってしまう。

また、無惨の攻撃は鎹鴉を通して産屋敷輝利哉らにまでダメージを与えていた。

鬼殺隊の仲間が殺されたり、傷つけられたことで怒りを燃やす嘴平伊之助。対峙する無惨も薬の影響と疲労により術が出せないほどに追い詰められていた。そして、同期の我妻善逸も戦いに加わる。

柱が復活!?

無惨の攻撃を食らって戦うことができなくなっている炭治郎。炭治郎は自身の体に日輪刀を突き刺し、無惨の毒に無効化しようとする。

そして、無惨の攻撃によって気を失ってしまっていた柱たちが目覚めてくる。

まとめ

以上、鬼滅の刃197話のネタバレでした。前回に引き続きさらに追い込まれている無惨。柱も目覚め、いよいよ無惨も限界が近い感じがしますが、ここまで追い詰められると「無惨が覚醒してくるのでは??」と思ってしまいます。このまま無惨を倒しきることができるのでしょうか??それともまだ一波乱あるのでしょうか。今後の展開に注目です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。