鬼滅の刃

【鬼滅の刃】196話のネタバレ【禰豆子が完全に人間に戻る】

鬼滅の刃196話のネタバレを掲載しています。鬼滅の刃196話では、ついに禰豆子が完全に人間に戻ることに。そして、無惨がさらに追い詰められる展開が描かれます。鬼滅の刃196話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃196話のネタバレ

禰豆子が人間に

竈門禰豆子鬼舞辻無惨と戦う竈門炭治郎がいる街の近くまで来ていた。道中、禰豆子は今まで会った人や今までの出来事を思い出していた。そして、禰豆子はついに完全に人間へと戻っていく。

追い詰められる無惨

一方、無惨との戦いは続いていた。無惨は柱の命の気配を感じていた。致命傷を負っている柱だが、無惨は止めを刺しきることはできていなかった。鬼狩りという組織がまるで数珠繋ぎとなり、ひとつの生き物のように絡め取らんとしてくることに恐れを感じる無惨。

夜明けまで残り三十五分を切ったところで無惨は「これ以上危険を犯す必要がない」と考え、突如体を膨張させる。

無惨は継国縁壱から逃れた時のように体を細かく分裂させてこの場から逃げようとしているのだ。しかし、無惨の体の膨張は止まり、無惨は体を分裂させることができなかった。

原因は珠世の薬。珠世が無惨に吸収させた薬の効果は実は四つだった。人間返り、老化、分裂阻害、そして細胞破壊。分裂阻害の効果で分裂が阻まれ、そして最後の細胞破壊の効果で無惨はいよいよ口から血を吐いてしまう。

ついにここまで追い込まれてしまった無惨。このまま無惨を倒すことはできるのでしょうか??

まとめ

以上、鬼滅の刃196話のネタバレでした。196話では、ついに無惨がかなり追い詰められる展開となりました。ただ、ここまで無惨が追い詰められる展開が続くと、「逆にここから無惨が逆転する展開がきてしまうのでは??」と不安になってしまいます。果たして炭治郎たちはこのまま無惨を倒すことができるのでしょうか??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。