鬼滅の刃

【鬼滅の刃】194話のネタバレ微画バレあり【無惨の弱点が露わに!?】

鬼滅の刃194話のネタバレをまとめています。194話では炭治郎らに希望が見えてきます。193話に続き、無惨の体にとある異変が生じます。無敵に思えた無惨の弱点も明らかになり、無惨を追い詰めることはできるのでしょうか??鬼滅の刃194話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃194話のネタバレ

伊黒が復活

鬼舞辻無惨との戦闘の傍で、愈史郎らは傷ついた隊士の手当てをしていた。愈史郎は鬼殺隊最強の悲鳴嶼行冥に声を掛けるが、悲鳴嶼は気を失ってしまっていて応答することはなかった。しかも無惨の攻撃で片足を失ってしまっているので、仮に意識を取り戻したとしても失血と平衡感覚の欠如でまともに戦うことは期待できない。

ヒノカミ神楽の技を繋ぐことができるようになった竈門炭治郎だが、激しすぎる消耗で酸欠状態となり、透き通る世界に入ることができなくなってしまっていた。そんな炭治郎の窮地に加勢してきたのが伊黒小芭内

伊黒は無惨の攻撃で両目が潰されて見えなくなっていたが、相棒の蛇の鏑丸のおかげで周囲の状況を把握することを可能としていた。

無惨の古傷が露わに!?

鏑丸のおかげで無惨の攻撃を受けきる伊黒。無惨は老化薬の影響もあり、伊黒や炭治郎にトドメを刺せずにいた。ただ、炭治郎も酸欠を免れるのに精一杯で透き通る世界に入れずにいる。しかし、ここで無惨の体に異変が起こる。無惨の体に無数の傷跡が浮かび上がっていた。

この傷は継国縁壱がつけた古傷。縁壱がつけた傷は、無惨の再生力をもってしても消えることはなく、何百年もの間無惨の細胞を細胞を灼き続けていたのであった。この傷はイコール無惨の脆い部分となる。無惨の弱点が露わになったことで、炭治郎らに勝機は見えてくるのだろうか??

まとめ

以上、鬼滅の刃194話のネタバレでした。194話では伊黒の活躍が見れて伊黒ファンにとっては嬉しい回でしたね。ただ、今回悲鳴嶼の様子が描かれましたが他の柱の状況は依然不明なままです。他の柱の状況がいったいどうなっているのかもそろそろ描いてほしいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。