鬼滅の刃

【鬼滅の刃】188話のネタバレ微画バレあり【伊黒の過去がついに明らかに】

鬼滅の刃188話のネタバレをまとめています。鬼滅の刃188話では、ついに伊黒の過去が明らかになります。なかなか描かれることがなかったので、伊黒の過去が気になってた人は多いのではないでしょうか??鬼滅の刃188話の内容が知りたい方は是非ご参考ください。

鬼滅の刃188話のネタバレ

甘露寺が戦線を離脱

激しさを増す鬼舞辻無惨の攻撃。

柱たちは無惨の圧倒的攻撃力を前に手も足も出せずにいた。特に甘露寺蜜璃はすでに限界を感じており、ギリギリ攻撃をかわしたはずだったが無惨の攻撃に吸い寄せられ、深手を負ってしまう。

無惨の攻撃をモロに食らってしまった甘露寺は戦線を離脱。鬼殺隊側の戦力がさらに削がれてしまった。

伊黒の過去が明らかに

伊黒小芭内の回想で、伊黒の過去がついに明らかになります。伊黒は下半身が蛇のような鬼が仕切る一族に生まれていた。

この一族は蛇鬼が人を殺して奪った金品で繁栄している一族で、その代わりに蛇鬼は一族の人間が産んだ子供を献上させていた。伊黒家は代々女しか産まれない家系だったが、小芭内は珍しく産まれた男だったということで蛇鬼に気に入られ、成長して食える量が増えるまで生かされ続けられた。しかし、小芭内は年月を掛けて伊黒家から逃げる準備を整えており、ある日伊黒家からの逃走を試みる。逃走はバレてしまい蛇鬼に追いつかれるが、すんでのところで当時の炎柱に命を救われた。

そうして鬼が仕切る一族から逃れることができた伊黒は、そのまま鬼殺隊に入隊。ただ、伊黒は非常に深い業を背負うことになる。伊黒が逃走したことで一族の人間は皆殺しにされた。従姉妹からそれを聞かされたことで「自分のせいで多くの人間が死んだ」という業を背負うことになってしまったのである。

しかし、そんな伊黒の前に現れた希望こそが甘露寺であった。

伊黒は「鬼のいない平和な世界でもう一度人間に生まれ変わり、好きと伝えたい」と考えるのであった。

まとめ

以上、鬼滅の刃188話のネタバレでした。鬼滅の刃188話では、長らく描かれなかった伊黒の過去がついに明らかになりました。伊黒は詳細がなかなか描かれなかったので、「実は正体は鬼なんじゃ??」という噂までありましたが、全然そんなことはなくて安心しました。伊黒さんもなかなか辛い過去をもっているので、どうか甘露寺への想いは成就してほしいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。