鬼滅の刃

【鬼滅の刃】181話のネタバレ微画バレあり【ついに無惨と会敵】

鬼滅の刃181話のネタバレを掲載しています。181話ではついに炭治郎らが無惨に会敵することに。鬼殺隊と鬼の最終決戦が始まっていきます。鬼滅の刃181話の内容を知りたい方は是非こちらをご覧ください。

鬼滅の刃181話のネタバレ

無惨の復活

肉の繭にこもっていた鬼舞辻無惨がついに復活。無惨の復活を止められなかった現鬼殺隊当主の産屋敷輝利哉は、無惨の復活を止められなかったことで、「これまでのすべてが無駄になってしまった」と強く後悔している。そんな輝利哉を叱咤する妹。

これで目が覚めた輝利哉は、冷静に無惨と戦うための指示を出し始める。柱を無惨の元に集結させ、総力戦で無惨と戦う構えを取る。

無惨の元に集結するよう鎹鴉からの伝令を受けるが、甘露寺蜜璃伊黒小芭内はいまだ鳴女に苦戦していた。しかし、甘露寺を引っ張る謎の人物が現れる。

ついに無惨と会敵

ついに竈門炭治郎冨岡義勇が復活した無惨と会敵。

家族を殺され妹をに変えられた炭治郎は怒りに燃えている。

怒りに燃える2人を見た無惨は、自身がしてきたことを棚に上げ、「鬼狩りは異常者の集まりだ」ととんでも理論を語り出す。

無惨の言葉を聞いた炭治郎は、再び静かに怒りの炎を灯していく。

まとめ

以上、鬼滅の刃181話のネタバレでした。181話ではついに炭治郎らが無惨と会敵しましたね。無惨の相変わらずの無茶苦茶な発言っぷりには笑いましたがw、これくらいクズのほうが気持ち良く炭治郎たちを応援できますからね。ある意味悪役の鑑かもしれませんw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。