鬼滅の刃

【鬼滅の刃】179話のネタバレ【無一郎と玄弥がまさかの死亡】

鬼滅の刃179話のネタバレを掲載しています。179話ではまさかの無一郎と玄弥という鬼滅における主要キャラの2人が死亡してしまう展開が描かれます。鬼滅の刃179話の内容を知りたい方は是非こちらをご覧ください。

鬼滅の刃179話のネタバレ

時透が死亡

上弦の壱の黒死牟をなんとか倒すことができた悲鳴嶼行冥たち。しかし、時透無一郎不死川玄弥は助からないほどの致命傷を負ってしまっていた。

無一郎は死んでいる時透有一郎と会っていた。

無一郎は14歳という若さで命を落としてしまったが、「幸せだ」と思う瞬間が何度もあり、後悔など1ミリもしていなかった。

玄弥が死亡

黒死牟との戦いで命を落としてしまった無一郎だが、玄弥も致命傷を負っており体が消滅していっていた。

玄弥は子供の頃に母親を殺したことで不死川実弥を責めてしまったことを謝っていた。兄に想いを伝えながら玄弥も死んでいってしまう。

無一郎と玄弥が死んでしまったが、残された実弥と悲鳴嶼に悲しみに暮れている暇などなかった。2人の死の元凶である鬼舞辻無惨を倒さない限りまた新たな犠牲者が生まれてしまう。悲鳴嶼は涙を流しながら無惨を倒す覚悟を再度決めるのであった。

まとめ

以上、鬼滅の刃179話のネタバレでした。179話は無一郎と玄弥の主要キャラが同時に死んでしまう非常に悲しい回でしたね。特に無一郎は「【鬼滅の刃】ファンが選ぶリアルな人気キャラランキング」でも1位の超人気キャラなので、この回が耐えられなかった人も多いかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。