鬼滅の刃

【鬼滅の刃】178話のネタバレ【継国巌勝が鬼になった理由が明らかに】

鬼滅の刃178話のネタバレを掲載しています。鬼滅の刃178話では、巌勝と縁壱の過去エピソードの続きが描かれています。巌勝がなぜ鬼となってしまったのかもここで明らかになりますよ。鬼滅の刃178話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃178話のネタバレ

鬼狩りとなった縁壱

母親が死んでから継国縁壱は消息を絶ち、行方知れずとなった。縁壱が消えることを望んでいた継国巌勝は、縁壱が消えてからの十年余りを平穏に過ごし、妻を娶り、子供を授かっていた。

しかし、野営していたところをに襲われた際、思わぬ形で縁壱との再開を果たす。縁壱は鬼狩りとなっており、巌勝を襲う鬼を軽々倒してみせるのであった。

鬼をたやすく倒す縁壱の圧倒的強さを見てしまったことで、巌勝の妬みと憎しみが再び胃の腑を灼く。巌勝は縁壱の強さと剣技をどうしても我が物にしたく、家も妻も子も捨て、自らも縁壱と同じ鬼狩りとなった。

縁壱は誰にでも剣技や呼吸を教えたが、誰一人縁壱と同じようにすることができなかった。そこで、それぞれができることに合わせて呼吸法を変えて指導していくことで、日の呼吸の派生の全集中の呼吸が次々と生まれていった。痣者も増えていき、鬼狩りの戦力は着実に高まっていく。

しかし、突如痣者がばたばたと死に始めていく。痣は強くなる代わりに寿命が削られるので、痣が発現した巌勝の命も残り僅かに迫っていた。

巌勝が鬼に

そんな時に巌勝は鬼の始祖の鬼舞辻無惨と出会う。無惨は呼吸を使える剣士を鬼にしたいようで、巌勝を鬼になるよう勧誘する。巌勝は鬼となって無限の時の中で技を極めることを望み、無惨の勧誘を承諾し黒死牟となったのである。

鬼となったことですべてのしがらみから解放されると思っていたところに、本来痣で寿命を迎えているはずの縁壱が現れ、戦闘中に寿命で死亡し勝ち逃げされてしまった。いつも惨めな思いをさせられる縁壱に怒りを燃やし、黒死牟は立ったまま動かなくなった縁壱の体を真っ二つに斬り裂く。すると、巌勝が子供の頃に渡した笛が出てきた。縁壱はいまだに巌勝からもらった笛を大事に持っていたのである。

回想が終わると、黒死牟は縁壱への嫉妬心を思い出しながら消滅していった。

鬼滅の刃178話の感想

鬼滅の刃178話では、黒死牟と縁壱の過去エピソードが描かれましたが、黒死牟と嫉妬心が全開でしたねwまあ、でも身近に縁壱みたいな人外がいればこうなってしまうのもある程度仕方ないことかもしれません。巌勝もプライドが高かったのでこうなってしまったと思うので、人間プライドは捨てるくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

<<前の話 次の話>>

▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。