鬼滅の刃

【鬼滅の刃】177話のネタバレ【縁壱と黒死牟の過去が明らかに】

鬼滅の刃177話のネタバレを掲載しています。177話では、縁壱と黒死牟の過去が明らかに。黒死牟が縁壱を嫉妬している理由が明らかになります。鬼滅の刃177話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃177話のネタバレ

縁壱と黒死牟の過去

継国縁壱黒死牟の過去が描かれる。黒死牟が生まれた時代は双子は跡目争いの原因となるため不吉とされていた。双子の弟の縁壱には生まれつき不気味ながあったこともあり、黒死牟の父は「殺す」と言っていた。しかし、それを止めるために母親が烈火のごとく怒り狂ったため縁壱は殺されることは免れ、十歳になった時に寺へ行かせ出家させる手筈となった。

継国兄弟は部屋も着物も教育も食べるものでさえも大きく差をつけて育てられた。また、縁壱が母離れができず常に母親の左脇にぴたりとくっついているのを見て、黒死牟は子供ながらに「可哀想だ」と思っていた。黒死牟は父の目を盗んで縁壱の部屋に行き笛を作って渡したが、縁壱はにこりとも笑うことはなかった。それは赤子の頃からで、七つになるまで喋ることがなかったので耳が聞こえない子だと思われていた。

縁壱の才能

しかし、黒死牟が庭で素振りをしていると縁壱は「兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?」と声を発する。

縁壱はそれ以後黒死牟の稽古中に「剣を教えてほしい」と頼むようになったため、黒死牟に剣の指南をしていた父親の輩下が竹刀を渡し、持ち方と構えを軽く教えた。すると、縁壱は黒死牟の指南役を圧倒する剣捌きを見せる。

黒死牟がどれ程打ち込んでも一本も取れなかった父親の輩下は瞬きをする間に縁壱に四発打ち込まれて失神してしまった。縁壱は人を打ちつける感触が耐え難く不快だったため、その後「侍になりたい」と言うことはなかった。

その強さをどうしても知りたかった黒死牟が縁壱に問い詰めると、縁壱には生き物の体が透けて見えていることが明らかになる。生まれつきの痣に加え、生まれつきの特別な視覚も持っており、それに即応できる身体能力も持っている。今まで哀れんでいた縁壱は、自分よりもはるかに優れた才能を有していた。

縁壱の才能を知り黒死牟は「立場が逆転した」「家を継ぐのは縁壱だ」と考えていた。そんな時に縁壱から「母親が死んでしまった」という報告が入る。そして、縁壱は黒死牟に別れの挨拶をして「今すぐに寺に発つ」と言う。「いただいたこの笛を兄上だと思いどれだけ離れていても挫けず日々精進します」と。

縁壱は外れた音しか鳴らないがらくたの笛を宝物のように懐にしまったが、黒死牟はなぜそんな嬉しそうなのかわからず縁壱を気味悪がっていた。そして、縁壱は家を去っていった。

母親の日記によると、縁壱は後継に据えられていることに気づき早々に家を出ることにしたことがわかった。母親の病にも縁壱は気づいており、母親は何年も前から左半身が不自由になり苦しんでいたのであった。「左半身」という字を見て、黒死牟は縁壱が母親にしがみついていたのではなく、本当は病で弱った母親を支えていたことに気づく。

そして、縁壱という天才を心の底から憎み嫉妬するようになってしまった。

鬼滅の刃177話の感想

黒死牟と縁壱の過去が明らかになりましたね。黒死牟が縁壱に嫉妬する理由も明かされました。縁壱の才能はちょっと別格すぎましたねww確かに、こんな双子の弟がいたら兄としてはきついかも。黒死牟のような嫉妬心を持ってしまうのも納得です。ただ、子供の内はわかりますが、大人になってからはなんとか折り合いをつけてほしいものですがねwいつまでも弟への嫉妬を引きずるのはちょっと子供すぎる気もww

<<前の話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。