鬼滅の刃

【鬼滅の刃】176話のネタバレ【ついに黒死牟が死亡】

鬼滅の刃176話のネタバレを掲載しています。176話では、ついに黒死牟との戦いに終止符が打たれます。頚の弱点を克服した黒死牟を倒すことはできるのでしょうか??鬼滅の刃176話の内容を知りたい方は是非ご参考ください。

鬼滅の刃176話のネタバレ

頚の弱点の克服

黒死牟は今の状況に苛立っていた。「俺はもう二度と敗北しない」「例え頚を斬られようとも」と、頚が斬られてもなお消滅しておらず自力で出血を止める。

そんな黒死牟に悲鳴嶼行冥不死川実弥が攻撃を畳み掛けていく。

黒死牟は頚を斬られても体が崩れておらず、頚の切断からの死を克服しようとしていた。そして、頭を再生し異形の姿へと形を変える。

黒死牟の消滅

黒死牟が頚の弱点を克服したことで、太陽の光以外で死ぬことはなくなった。しかし、黒死牟は実弥の刀に映った姿を見て「何だこの醜い姿は・・・」と感じてしまう。あまりにも侍とは掛け離れた自分の姿を見て、「これが本当に俺の望みだったのか?」と感じてしまい、体も崩れていく。

そして、悲鳴嶼と実弥の攻撃が炸裂しさらに体が崩れていく。血鬼術を使おうとするが血鬼術も発動することができない。頚を落とされ体を刻まれ潰されても負けを認めない自身の醜さを痛感し、ついに黒死牟の体は消滅していく。

そして、死の間際「縁壱お前になりたかったのだ」と、黒死牟の本音が明かされた。

鬼滅の刃176話の感想

ついに黒死牟が消滅していきましたね。やはり、頚の弱点を克服してきましたが、自身の醜さに気づく形で体が崩れていきました。最後に双子の弟の縁壱のことを思い出していたので、黒死牟と縁壱の過去が掘り下げられていくのではないでしょうか??なぜ黒死牟はここまで縁壱に嫉妬するようになったのか詳細が楽しみです。

<<前の話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。