鬼滅の刃

【鬼滅の刃】175話のネタバレ【黒死牟の頚を斬り落とすことに成功】

鬼滅の刃175話のネタバレを掲載しています。175話では、ついに黒死牟との戦いが決着か!?四人の連携攻撃で、黒死牟の頚を斬り落とすことに成功します。鬼滅の刃175話の内容を知りたい方はご参考ください。

鬼滅の刃175話のネタバレ

黒死牟の抵抗

黒死牟継国縁壱の寿命がもう一呼吸長ければ死んでいた。生き永らえたは生き永らえたが、黒死牟はこの屈辱を何百年もの間味わい続けた。

悲鳴嶼行冥らに追い詰められていた黒死牟だったが、ノーモーションで斬撃を放ち、時透無一郎不死川玄弥の体を両断していく。

黒死牟は体から刃を出して攻撃していた。

無一郎は「二人を死なせてはいけない」と、黒死牟に刺さったままの刀を握ると無一郎のは赤く染まっていく。

無一郎の刀が赤く染まると黒死牟の体は強張り、内臓を灼かれるような激痛を感じていた。

ついに黒死牟の頚を落とす

無一郎の赤い刃で生じた隙に他のメンバーが黒死牟に攻撃を仕掛けていく。玄弥も血鬼術も発動し、黒死牟の中にまだ残っていた肉弾から木を生やして動きを固定する。

固定されたことで黒死牟は技を出せなくなってしまった。そして、ついに悲鳴嶼の鉄球が黒死牟の頚を捉える。黒死牟は玄弥の血鬼術の木に血を吸われて技を出せなくなり、さらに無一郎の赤い日輪刀で体が強張ってしまい抵抗できずにいた。悲鳴嶼の鉄球に不死川実弥が刀をぶつけると、両者の日輪刀も赤く染まる。

そして、黒死牟の頚を落とすことに成功するのであった。

鬼滅の刃175話の感想

ついに!ついにあの黒死牟の頚を斬り落とすことに成功しましたね!あれだけ圧倒的でしたが、四人の協力で黒死牟を上回ることができました。しかし、猗窩座が頚の弱点を克服しかけた事例があるのでまだ油断なりません。猗窩座よりも強い黒死牟なら頚の弱点を克服する可能性は十分に考えられますからね。次回の展開も目が離せません。

<<前の話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。