鬼滅の刃

【鬼滅の刃】174話のネタバレ【黒死牟の双子の弟の存在が明らかに】

鬼滅の刃174話のネタバレを掲載しています。174話では、黒死牟をついに追い詰め、黒死牟の過去が描かれることになります。黒死牟にはあの無惨をも追い詰めた最強の双子の弟がいたことが明らかに!?鬼滅の刃174話の内容を知りたい方はご参考ください。

鬼滅の刃174話のネタバレ

玄弥の血鬼術

不死川玄弥の放った弾は、黒死牟が刀で弾いたにも関わらずまるで生き物のように曲がって体にめり込んできた。黒死牟の髪の毛で刀を食べたことで玄弥の南蛮銃は変形していた。そして、玄弥の血鬼術が発動し、黒死牟から発生した木で身動きを封じる。

今の状況にさすがの黒死牟も死の危険を感じていた。四百年前にあった味わった死の感覚を思い出していく。

黒死牟の記憶

四百年前、黒死牟は齢八十を超えた双子の弟の継国縁壱と偶然出会った。

痣が発現した人間は二十五を超えて生きられないはずだったが、を発現しているにも関わらず生きている縁壱を見て驚いていた。六十年前は目障りな存在だったが、今の老いた姿に哀れみを感じていた。感情の僅かな機微さえ見せなかった縁壱が涙を流している姿に込み上げてくるものはあったが、鬼狩りである以上黒死牟は弟を斬らなければならない。

しかし、そんな感傷も一瞬にして吹き飛ぶことになる。縁壱が構えると一気に空気が変わる。

そして、一瞬にして縁壱に斬られていた。

痣者であるにも関わらず生き永らえ、全盛期と変わらぬ動きを見せる縁壱を見て黒死牟は、「なぜお前だけがいつも特別なのか」と激しい嫉妬に駆られていた。「次の一撃で頚を落とされる」という確信があったが、次の一撃が放たれることはなかった。縁壱は直立したまま寿命が尽きて死んでしまっていたのである。

鬼滅の刃174話の感想

ついに黒死牟を追い詰め、黒死牟の過去が描かれました。これは黒死牟を倒せる時も近いのかもしれませんね。黒死牟の双子の弟、縁壱は最強ですねw縁壱にはまだまだ秘密が隠されていそうですが、鬼舞辻無惨を追い詰めた剣士であることも黒死牟のセリフから明らかになりました。縁壱の詳細が気になるところです。

<<前の話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。