鬼滅の刃

【鬼滅の刃】168話のネタバレ【鬼殺隊最強の男が参戦】

鬼滅の刃168話のネタバレを掲載しています。168話では、ついに鬼殺隊最強のあの男が参戦。鬼殺隊に反撃の兆しが訪れます。鬼滅の刃168話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃168話のネタバレ

実弥の過去

不死川実弥が自身の血が稀血であることに気づいたのはを狩り始めた頃だった。鬼になった実弥の母は実弥が出血した途端に動きが鈍くなっていたが、それは実弥の稀血による影響だった。

その後、実弥は鬼殺隊も日輪刀の存在も知らずに山ほどの刃物で武装して鬼と戦い捕らえ、陽の光で灼き殺していった。同じ鬼を追っていた粂野匡近という鬼殺隊隊士と出会い、粂野の紹介で実弥も鬼殺隊に入隊する。

しかし、粂野は当時の下弦の壱との戦いで死んでしまった。2人でなんとか下弦の壱を倒すことができたが、柱になったのは生き残った実弥だけだった。

上弦の壱と戦う実弥は大量に出血していたがまだ動くことができていた。実弥は全集中の呼吸で血を凝固して流血を止め、筋肉を引き絞り臓物が飛び出るのをなんとか防いでいた。稀血の影響でふらつく上弦の壱に攻撃を仕掛けるが、それでも上限の壱が実弥の上をいく。

実弥は初めて参加した柱合会議のことを思い出していた。実弥は戦いは隊士に任せ、自分の手を汚さず命の危機もない産屋敷耀哉に喧嘩を売っていた。「武術も何もかじってない奴が鬼殺隊の頭なんて虫唾が走る」と口にする。が、耀哉は体一つで人の命を守れる強い剣士になりたかったが、病に冒されてしまっているために刀を十回も振ることができず剣士になることはできなかった。そして、辛い役目を隊士に任せっきりで申し訳なくも思っていた。

それを聞いて実弥は言葉を失ってしまう。そして、耀哉が実弥の友人である粂野のことを知っていることを知り、胸を打たれてしまう。耀哉は当主になってから死んでしまったすべての隊員の名前と生い立ちを記憶していたのであった。粂野が残した遺書を読み実弥は涙を流す。

鬼殺隊最強の男が参戦

実弥は弟の不死川玄弥の銃で不意打ちを仕掛けるが、それも刀で防がれてしまう。月の呼吸 参ノ型  厭忌月・銷りを放つが、実弥のピンチに岩柱の悲鳴嶼行冥が駆けつける。

鬼殺隊最強の男がついに参戦する。

鬼滅の刃168話の感想

ついにあの男が来てくれました!!そう、鬼殺隊最強の呼び声が高い悲鳴嶼さんです。炭治郎たちからは「鬼殺隊最強」と評されていましたが、ようやく悲鳴嶼さんの実力が明らかになりますね。今のところ上弦の壱が圧倒していますが、悲鳴嶼の加入で押し返すことはできるのでしょうか??

<<前の話 次の話>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。