鬼滅の刃

【鬼滅の刃】167話のネタバレ【不死川実弥の秘密が明らかに】

鬼滅の刃167話のネタバレを掲載しています。167話では実弥と上弦の壱との戦いが描かれます。そして、実弥に隠されたとある秘密が明らかに!?鬼滅の刃167話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃167話のネタバレ

実弥VS上弦の壱

不死川玄弥のピンチに駆けつけた不死川実弥上弦の壱の鬼と戦っていく。上弦の壱はノーモーションで斬撃を放つ月の呼吸 伍ノ型 月魄災禍を放つ。

実弥はなんとか攻撃をかわすが、上弦の壱のやばさを実感していた。上弦の壱が放つ月の呼吸は、一振りの斬撃の周りに不規則で細かな刃が付いており、それが常に長さや大きさが変化するため回避するのが非常に困難となっている。

さらに上弦の壱は全集中の呼吸も使い、ただでさえ身体能力が高い鬼がさらに身体能力を高めているため、まさに最強のと言える強さを誇っている。が、実弥も柱の中でも戦闘力が高いようで、上弦の壱と互角の戦いを繰り広げる。

実弥に隠された秘密

互角の戦いを繰り広げる実弥だったが、実弥はギリギリで上弦の壱にはまだまだ余裕があった。上弦の壱が放った技が実弥を斬り裂く。

上弦の壱の剣技で大量に出血する実弥。が、ここで上弦の壱に異変が生じる。

なんと実弥は稀血の中でも特に希少な稀血の持ち主で、鬼が血の匂いを嗅ぐと酩酊状態となる効果があった。これにより上弦の壱は酩酊状態に。実弥の反撃が始まる!?

鬼滅の刃167話の感想

167話は実弥の強さが明らかになった回ですが、さらに実弥には秘密が隠されていましたね。まさかここで稀血の設定を使ってくるとは。玄弥も特異体質ですが、不死川家は特異体質が産まれやすい家系だったりするのでしょうか??不死川両親になにか秘密が隠されていたりするのかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。