鬼滅の刃

【鬼滅の刃】166話のネタバレ【上弦の壱VS不死川実弥】

鬼滅の刃166話のネタバレを掲載しています。166話では上弦の壱との戦いに実弥が参戦。玄弥のために戦う実弥の熱い姿が見れる回です。鬼滅の刃166話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃166話のネタバレ

玄弥参戦

上弦の壱の圧倒的強さに手も足も出ずにいる時透無一郎上弦の鬼が他にいなくなってしまった状況もあり、上弦の壱は無一郎を鬼に勧誘する。

遠くで不死川玄弥が上弦の壱を狙うが、上弦の壱は玄弥の存在に気づいており、両腕を切断され、上半身も斬り落とされてしまう。

玄弥が加勢しても上弦の壱が強すぎて状況はまったく好転しなかった。

実弥が参戦

玄弥がトドメを刺そうとしたところに不死川実弥が現れる。

今まで弟の玄弥に冷たくしてきた実弥だが、それは玄弥を想ってのことだったことが明かされる。実弥は玄弥には普通に幸せに生きてほしかったので、鬼殺隊に入ってほしくなった。なので、玄弥が鬼殺隊を辞めるようにあえてあのような態度を取っていたのである。

が、玄弥の危機を前に、実弥は怒りに燃える。そして、風の呼吸の技を繰り出し、実弥と上弦の壱との戦いが始まっていく。

鬼滅の刃166話の感想

ここでの実弥の参戦はかなり熱いですね!!実弥の玄弥への想いが聞けたのは嬉しかったです。やはり、本当に玄弥のことが嫌いだったわけではなかったんですね。実弥が参戦したことで今の状況は好転していくのでしょうか??上弦の壱と実弥の戦いに注目です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。