鬼滅の刃

【鬼滅の刃】165話のネタバレ【上弦の壱の強さが圧倒的過ぎる】

鬼滅の刃165話のネタバレを掲載しています。165話では前回登場した上弦の壱の圧倒的強さが明らかに。あの無一郎がいきなり追い込まれてしまいます。鬼滅の刃165話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃165話のネタバレ

上弦の壱VS無一郎

上弦の壱と対峙する時透無一郎。他の上弦の鬼とは比べ物にならない風格に、無一郎の体は思わず震え、戦うことを拒否すらしてしまう。

上弦の壱が無一郎の名を聞くと、上弦の壱の口から「お前は私の子孫だ」と言う。

それが本当なら始まりの呼吸の剣士ということになり、無一郎はかなり動揺するが心の乱れを抑え、霞の呼吸 弐ノ型 八重霞を放つ。

が、上弦の壱はあっさり無一郎の攻撃をかわしてしまう。

無一郎の腕が斬られる!?

上弦の壱に攻撃をあっさりかわされてしまうが、無一郎はを出してさらに身体能力を強化していく。そして、霞の呼吸 漆ノ呼吸 朧で攻撃するもこれもあっさりかわされてしまう。そして、上弦の壱が月の呼吸 壱ノ型 闇月・宵の宮を放つと、無一郎の片腕が斬り飛ばされてしまう。

全集中の呼吸を使う上弦の壱の攻撃スピードに驚きを隠せない無一郎。すぐに腕を止血して上弦の壱に斬りかかろうとするが、刀を刺されて身動きを封じられてしまう。

鬼滅の刃165話の感想

いやぁ〜、上弦の壱の強さは圧倒的でしたね。まさか早くも無一郎の腕が斬り飛ばされてしまうとわ。戦力差がものすごいですが、このまま無一郎はやられてしまうのでしょうか??助っ人が来てくれそうな展開ではありますが果たして??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。