鬼滅の刃

【鬼滅の刃】164話のネタバレ【上弦の壱登場】

鬼滅の刃164話のネタバレを掲載しています。164話ではついに上弦の壱の鬼が登場。無一郎と対峙していきます。鬼滅のヤイバ164話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃164話のネタバレ

甘露寺・伊黒VS鳴女

上弦の参に続いて上弦の弐も撃破した鬼殺隊。甘露寺蜜璃伊黒小芭内は新たに上弦の肆となった鳴女を発見する。鳴女の能力は建物を自在に操ることができ、建物を操作され鳴女に攻撃を仕掛けることができずにいた。

殺傷能力はほとんどないが、厄介さは相当なもので伊黒は長丁場の戦いとなることを覚悟する。

上弦の壱登場

時透無一郎鳴嶼行冥と共に城内を進んでいたが、突如建物内が動き悲鳴嶼と分断される。そこに現れたのが上弦の壱。

ついに十二鬼月最強のが登場する。

鬼滅の刃164話の感想

164話ではついに十二鬼月上弦の壱が登場!十二鬼月最強の鬼の能力がついに明らかになります!!上弦の壱がどんな能力、そしてどのくらいの強さなのか非常に気になるところ。無一郎が戦うようですが、無一郎で太刀打ちすることはできるのでしょうか??次回の展開に期待したいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。