鬼滅の刃

【鬼滅の刃】162話のネタバレ【ついに童磨を撃破!?】

鬼滅の刃162話のネタバレを掲載しています。162話では、ついに上弦の弐の童磨を倒すことに成功。しのぶの命を懸けたとんでもない策の真相が明らかになります。鬼滅の刃162話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃162話のネタバレ

しのぶの策

栗花落カナヲ胡蝶しのぶとの会話を思い出していた。しのぶは童磨を倒すために自分を食べさせようとしていた。童磨と戦った姉の胡蝶カナエの情報によると童磨は女を喰うことに異常な執着があり、柱であり優秀な肉体を持つしのぶのことはまず捕食するだろうと考えていた。現在しのぶの体には血液・内臓・爪の先に至るまで高濃度の藤の花の毒が回っており、その毒をそのまま吸収させるつもりだった。しのぶの体に蓄積された毒の量はしのぶの全体重である三十七キロ。これは致死量のおよそ七百倍となる。しのぶの策にまんまとハマってしまった童磨はその場に倒れこみ、氷で作った分身体も崩壊していく。

その隙に乗じて、カナヲと嘴平伊之助の反撃が始まる。

童磨の頚を斬り落とす

しのぶの毒でかなり弱り切ってしまった童磨だが、大技の霧氷・睡蓮菩薩を放つ。

凍てつく空気を広範囲に充満させるが、しのぶの毒の影響で明らかに技の精度が落ちていることをカナヲが見抜く。カナヲも同じく大技の花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼を発動する。

彼岸朱眼は動体視力を極限まで高めることができ、周囲の動きが鈍く見えてくる。ただ、眼球への負担があまりに大きいため失明のリスクを伴う危険な技である。彼岸朱眼の効果で童磨の攻撃を見切り、童磨の頚に斬りかかる。が、ギリギリのところで童磨が冷気を放ち凍らされてしまう。

そこを伊之助が刀を放ちカナヲに力を貸す。伊之助が投げた刀で童磨の頚にかかったカナヲの刀を押し込み、ついに童磨の頚を斬り落とすことに成功する。

鬼滅の刃162話の感想

ついに、ついに上弦の弐の童磨を倒すことができました!!さすが上弦の弐とあってめちゃめちゃ強かったですが、しのぶの協力もありなんとか倒すことができましたね。童磨はの中でもかなりゲス野郎なので倒してくれてスッキリしましたね!ただ、まだ頚が斬り落とされただけなので油断はなりません。猗窩座の時のように頚を落とされても死なない鬼に進化する可能性も否めませんが、童磨はいったいどうなるのでしょうか??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。