鬼滅の刃

【鬼滅の刃】156話のネタバレ【ついに猗窩座死亡】

鬼滅の刃156話のネタバレを掲載しています。156話では猗窩座との戦いが決着を迎えます。猗窩座との戦いは本当に感動するエピソードが盛りだくさんで大好きな戦いですね。鬼滅の刃156話の内容を知りたい方はご参考ください。

鬼滅の刃156話のネタバレ

猗窩座最後の抵抗

回想が終わり、再び猗窩座との戦いが描かれる。気絶していた竈門炭治郎も目を覚ます。頚を斬り落とされた猗窩座だったが、すでに頭が再生しかけていた。

再び猗窩座の頚を斬ろうとする炭治郎だったが、もう手に力も入らないほど弱っており、握っていた刀がすっぽ抜けてしまう。そうならばと拳で猗窩座に殴りかかる。

その拳で猗窩座は慶蔵の姿、言葉を思い出す。猗窩座は前々から「弱い奴は嫌い」と言っていたが、その真相が明らかになる。辛抱が足りずに守る拳で人を殺し、師範の大切な素流を血塗れにしてしまった精神的に弱い自分を許せなかったので、「弱い奴は嫌い」と言い続けていたのである。猗窩座が奥義を放つが攻撃対象は自分自身で体がボロボロになっている。

体は再生していくが、猗窩座はすでに負けを認めており、もう地獄に行きたがっていた。

猗窩座と恋雪

猗窩座は父親、慶蔵のことを思い出していた。しかし、そこに鬼舞辻無惨が現れる。

無惨の言葉を聞き、再び炭治郎たちを殺そうとするがそこに恋雪が現れる。

恋雪を見て守れなかったことを泣きながら謝る猗窩座。そして、猗窩座は再生することなくついに消滅していくのであった。

鬼滅の刃156話の感想

いやぁ、ついに猗窩座との戦いが決着を迎えましたが、猗窩座の話は最後までよかったですね。個人的に猗窩座のエピソードが鬼滅の刃の中で一番好きなんですがどうですかね??みなさんの好きなエピソードも聞けたら幸いですので、よければコメント欄で教えていただけるでしょうか??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。