鬼滅の刃

【鬼滅の刃】153話のネタバレ【猗窩座が頚の弱点を克服!?】

鬼滅の刃153話のネタバレを掲載しています。153話ではついに炭治郎が猗窩座の頚を斬り落とすことに成功。しかし、猗窩座は頚を斬られてもまだ終わりではなかった。鬼滅の刃153話の内容を振り返りたい方はご参考ください。

鬼滅の刃153話のネタバレ

猗窩座の頚を斬り落とす

竈門炭治郎はついに猗窩座の頚を斬り落とすことに成功する。猗窩座は闘気を持たない炭治郎に困惑していた。赤子ですらうっすら闘気は感じることができたが、炭治郎にはまったく闘気を感じることができず、まるで異物と対面しているような状態に感覚が混乱を起こしていた。

この短時間の戦闘で炭治郎は猗窩座の速度をも上回ってしまった。猗窩座が求めていた至高の領域、無我の境地に達していた。

しかし、猗窩座もまだ強くなろうとしていた。斬り落とされた頚を自分で繋ぎ止めようとする。

しかし、冨岡義勇が放った刀で今度こそ頚が切断される。

そして、猗窩座の顔が消滅していく。

猗窩座の進化

頚が切断され顔が消滅した猗窩座だったが、体は消滅せずに残ったままだった。そして、体だけで動き出し、術式を展開していく。

頚の断面が閉じていき、炭治郎らに攻撃を仕掛けてくる。猗窩座も別のなにかに変わろうとしており、鬼舞辻無惨のように頚が弱点ではなくなろうとしている。

とっくに限界を迎えていた炭治郎は猗窩座の攻撃を受け失神してしまう。冨岡は水の呼吸の剣技で攻撃するが猗窩座の体はすぐに再生してしまう。炭治郎にトドメを刺そうとする猗窩座を冨岡が「炭治郎を殺したければまず俺を倒せ」と呼び止める。

すると、猗窩座はとある男の姿を思い出す。そして、猗窩座を止めようとする女性の姿が!?

鬼滅の刃153話の感想

ようやく猗窩座を倒せたと思いきや、まさかまさかの頚の弱点を克服してくるという。やっぱり猗窩座は強いですね。またしても炭治郎たちが窮地に立たされますが、最後に登場した女性が猗窩座に影響を与えそうです。猗窩座との戦いはいったいどうなってしまうのでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。