鬼滅の刃

【鬼滅の刃】152話のネタバレ【炭治郎が透き通る世界に】

鬼滅の刃152話のネタバレを掲載しています。152話では炭治郎が透き通る世界に入り覚醒。あの猗窩座を圧倒する力を見せてくれます。鬼滅の刃152話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃152話のネタバレ

透き通る世界

竈門炭十郎が教えてくれた透き通る世界に入れた時、動きの予測と攻撃の回避速度が格段に上がり、猗窩座が探知している闘気を閉じた状態で頚を狙えるかもしれないと竈門炭治郎は考えていた。

猗窩座と戦う冨岡義勇は依然苦戦を強いられていた。正確で強い攻撃を仕掛けても、同じく正確で鋭い技で返されてしまう。攻撃の型も先読みされるようになってしまっている。振り下ろした刃を側面から殴られ、ついに刀を折られてしまう。

そして、冨岡の腹を拳で貫いたと思いきや、猗窩座の腕が斬り落とされていた。

猗窩座の腕を斬ったのは炭治郎。炭治郎の様子が明らかに変わっており、猗窩座も今の炭治郎にはかなり警戒している。猗窩座は術式を展開し、終式 青銀乱残光という奥義を放つ。

この技は冨岡の凪でも受け切れるか怪しいほどの威力と速さだったが、透き通る世界に入った炭治郎は動きがゆっくりに見えていた。

猗窩座の頚を斬り落とす

ほぼ同時に百発の乱れ打ちを放つ猗窩座の奥義は、冨岡の凪でも防ぐことはできなかった。しかし、炭治郎は攻撃を回避しており、猗窩座の背後を取っていた。気配を消すことができている炭治郎の存在に猗窩座は気づいていなかったが、炭治郎は「今からお前の頚を斬る」と正々堂々と勝負を仕掛ける。

猗窩座は羅針で炭治郎の闘気を感知しようとしたが、今の炭治郎には闘気がなく羅針で感知することができなかった。そして、炭治郎のヒノカミ神楽 斜陽転身が炸裂。ついに猗窩座の頚を斬り落とすことに成功する。

鬼滅の刃152話の感想

ついに炭治郎があの猗窩座の頚を斬ることに成功しました。いや、炭治郎の透き通る世界は相当強いですね。煉獄杏寿郎ですら勝てなかった猗窩座を炭治郎が倒すとは、炭治郎の成長を感じますね。果たしてこのまま猗窩座を倒すことができるのか??次回以降の展開に注目してきたいところ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。