鬼滅の刃

【鬼滅の刃】148話のネタバレ【猗窩座の強さが圧倒的すぎる】

鬼滅の刃148話のネタバレを掲載しています。148話では、炭治郎&冨岡VS猗窩座との戦いが描かれます。やはり猗窩座は相当強く、炭治郎と冨岡の二人がかりでもジリジリと追い詰められていく。鬼滅の刃148話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃148話のネタバレ

竈門炭治郎&冨岡義勇VS猗窩座

竈門炭治郎猗窩座の戦いに、冨岡義勇も加わっていく。猗窩座が破壊殺 乱式を放つと、得意の水の呼吸 拾壱ノ型 凪で受け流す。

その隙に炭治郎がヒノカミ神楽 烈日紅鏡を放つが、簡単に見切られ逆に背後を取られてしまう。

それを冨岡の水の呼吸 弐ノ型 水車でなんとか防ぐ。

猗窩座の放つ破壊殺 脚式 冠先割は、炭治郎は刀で受けわずかにかすっただけにも関わらず、血を吹き出してしまうほどの威力があった。

冨岡の練り上げられた剣技を見て、冨岡の名前を聞こうとする猗窩座。だが、冨岡は「に名乗るような名は持ち合わせていない」「俺は喋るのが嫌いだから話しかけるな」と拒絶。猗窩座の攻撃のあまりの苛烈さに、炭治郎と冨岡はジリジリと追い込まれていく。

怒る炭治郎

猗窩座の攻撃を何とか受け切る炭治郎を見て、炭治郎を素直に褒めた上で「杏寿郎はあの夜死んで良かった」「ともするとあれ以上強くなれなかったかもしれない」「人間のままでいたがるようなくだらぬ価値観を持っていたし」と猗窩座は言う。杏寿郎を侮辱する発言を聞き、ブチギレる炭治郎。

猗窩座の「弱者は淘汰されるべき」という持論を「お前の言うことは全部間違ってる」と真っ向から否定する炭治郎。再び勇気を振り絞り、炭治郎は猗窩座に立ち向かっていく。

鬼滅の刃148話の感想

やはり猗窩座との戦いはかなり熱いですね。あの時は炭治郎は戦いにすら加われなかったですが、猗窩座と何とかやりあえているのを見ると、炭治郎の成長が実感できますね。148話ラストの炭治郎の「強い者は弱い者を助け守る」「そして弱い者は強くなりまた自分より弱い者を助け守る」「これが自然の摂理だ」は鬼滅の刃のセリフの中でも良い名言だと思います。本当良いセリフですよね〜。

【鬼滅の刃】名言・迷言・名シーン 63選鬼滅の刃には今まで数多くの名言や名シーンが登場しています。そこで今回、鬼滅の刃における名言や名シーンをまとめてみました。...

<<前の話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。