鬼滅の刃

【鬼滅の刃】138話のネタバレ【産屋敷耀哉が死亡】

鬼滅の刃138話のネタバレを掲載しています。138話では、鬼殺隊当主である耀哉がついに死んでしまう展開に。しかし、ただでは死なず無惨を一泡吹かせることができました。鬼滅の刃138話の内容を知りたい方は是非ご参考ください。

鬼滅の刃138話のネタバレ

耀哉の爆死

鬼殺隊当主である産屋敷耀哉の窮地に鬼殺隊隊士が駆けつけるが、産屋敷邸から爆発が起こる。

これは耀哉が起こした爆発だった。耀哉は妻と子供もろとも自爆し、鬼舞辻無惨を爆発に巻き込んだ。

無惨の体はすぐに再生していくが、突如肉の種子から発生した大量の棘が無惨を襲う。

そして、一瞬の隙を突き珠世が無惨に人間に戻る薬を吸収させる。

珠世は愈史郎の目くまらしの札を貼り、無惨にバレないように接近していた。また、珠世の口からこの棘は無惨が浅草で鬼に変えた青年の血鬼術であることが明かされる。

鬼殺隊の逆襲

無惨は信じていなかったが、珠世はを人間に戻す薬を完成させていた。珠世は鬼になった後、自身の夫や子供をはじめ大勢の人間を殺してしまった。その罪を償うためにもここで無惨と共に死ぬ覚悟だった。

そこに岩柱の悲鳴嶼行冥が駆けつけ、鉄球で無惨の顔を砕く。ここから鬼殺隊の逆襲が始まる。

鬼滅の刃138話の感想

ついに耀哉が死んでしまいましたか。にしても、家族を巻き込んで死んでしまうのは予想外でした。無惨を追い詰めるためとは言え、ものすごい覚悟ですよね。無惨の元に柱が到着し、ここから鬼殺隊の反撃が始まりそうです。次回以降、無惨との戦いがどうなっていくのか非常に楽しみであります。

<<前の話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。