鬼滅の刃

【鬼滅の刃】136話のネタバレ【ついに無惨が鬼殺隊本部に!?】

鬼滅の刃136話のネタバレを掲載しています。136話では、ついに無惨が耀哉の前に姿を現す。無惨と鬼殺隊の最終決戦の幕開けとなりそうな予感です。鬼滅の刃136話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃136話のネタバレ

善逸の決意

岩の訓練を終えた竈門炭治郎不死川玄弥らと食事を取っていた。訓練をクリアした炭治郎は冨岡義勇の元に行くとのことだが、まだ岩を一町動かせていない玄弥と嘴平伊之助は岩の訓練を続けるらしい。次の訓練に向かう前に炭治郎は我妻善逸の元に寄るが、善逸は明らかにいつもと雰囲気が違っていた。

善逸のことを心配する炭治郎だったが、「俺がやらなきゃ駄目なことなんだ」と善逸は決意を固めた表情を見せる。

冨岡VS実弥

炭治郎が冨岡の屋敷にたどり着くと、冨岡と不死川実弥が戦いを繰り広げていた。

お互いが技を打ち合うと木刀が折れてしまう。

「なら素手で殴り合うか」と言う実弥を止めようとする炭治郎。「不死川さんおはぎが好きなのでおはぎの取り合いですか?」と炭治郎が得意の天然っぷりを発揮すると、実弥にキレられぶっ飛ばされる。

冨岡は喧嘩をしていたわけではなく、柱稽古の一環で柱同士で手合わせをしていた。実弥とうまくコミュニケーションを取れなかった冨岡は、「実弥がおはぎが好き」という情報を聞いて、「今度は懐におはぎを忍ばせておいて不死川に会う時にあげようと思う」とこちらも天然っぷりを見せる。炭治郎のせいでイラついていた実弥は帰り道、鳴女の放った生物を発見する。

そして、産屋敷耀哉の元にまさかの鬼舞辻無惨が姿を現すのであった。

鬼滅の刃136話の感想

ついに無惨が耀哉の前に現れましたね。まさかいきなり無惨様が登場してくるとは。このまま鬼殺隊との最終決戦に突入していくのでしょうか??上弦の鬼はまだ残っているので、そこらへんがどう関わってくるのか非常に気になるところです。

<<前の話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。