鬼滅の刃

【鬼滅の刃】131話のネタバレ【珠世と鬼殺隊が協力関係に!?】

鬼滅の刃131話のネタバレを掲載しています。131話では、炭治郎の言葉を聞きついに冨岡が覚悟を決めてくれました。また、珠世の元に鎹烏が現れ、珠世と鬼殺隊が協力関係を敷くことに!?鬼滅の刃131話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃131話のネタバレ

救われる冨岡

冨岡義勇の話を聞き、冨岡の気持ちに強く共感する竈門炭治郎。自分よりも生きていてほしかった大事な人が自分よりも早く死んでしまったり、自分を守って死なれてしまうと抉られるように辛いことを知っていた。炭治郎は錆兎が狭霧山で稽古をつけてくれたことを思い出していた。錆兎が生きていたら間違いなく凄い剣士になっていたこともあり、冨岡は「自分が死ねばよかった」と思っている。炭治郎も煉獄杏寿郎が死んだ時は同じことを思っていた。炭治郎は嘴平伊之助に「信じると言われたならそれに応えること以外考えんじゃねぇ!!」という言葉を思い出し、冨岡に「義勇さんは錆兎から託されたものを繋いでいかないんですか?」という言葉を掛ける。その言葉を聞いて冨岡に衝撃が走る。

冨岡は過去に殺されてしまっていた。その時も「自分が死ねばよかった」と口にし、それを錆兎に怒られていた。そして、錆兎から「姉が命をかけて繋いでくれた命を託された命をお前も繋ぐんだ」と言われる。

死んでしまった錆兎と姉の蔦子を思い出し、冨岡はついに覚悟を決める。冨岡も柱稽古に参加することを決意する。

炭治郎は冨岡が落ち込んでいると思い込んでおり、励まそうとざるそばの早食いを提案していたw

珠世と協力関係に!?

一方、蝶屋敷にいる胡蝶しのぶは落ち着きがない様子だった。しのぶの元に栗花落カナヲがやって来ると、しのぶの口からしのぶは柱稽古に参加しないことが告げられる。カナヲは「もっと師範と稽古したい」と自分の気持ちを伝えられるようになっていた。そんなカナヲにしのぶの口から姉のカナエを殺した鬼についての話を聞かされる。

珠世の元に産屋敷耀哉の使いの鎹烏がやって来る。

鎹烏からは「鬼舞辻無惨を倒すために協力しないか?」と呼び掛けられる。この提案を珠世は受け入れるのでしょうか??

鬼滅の刃131話の感想

炭治郎の言葉で冨岡がついに覚悟を決めましたね。あの冨岡の心を動かすのはやりますね。珠世の元に鎹烏が現れ、珠世に協力を要請しました。鎹烏が言う「鬼の体と薬学に精通する者」はしのぶのことでしょうね。しのぶと珠世が協力すれば、とんでもない薬ができそうですが無惨に通用する薬もできたりするのでしょうかね??

<<前の話 131話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。