鬼滅の刃

【鬼滅の刃】128話のネタバレ【痣の発現条件が明らかに!?】

鬼滅の刃128話のネタバレを掲載しています。128話では、刀鍛冶の里の戦いが終わり、緊急で柱合会議が開催されることに。そして、無一郎の口から痣についての情報が語られる!?鬼滅の刃128話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃128話のネタバレ

刀鍛冶の里の戦いが集結

刀鍛冶の里の戦いが集結し、竈門炭治郎も休養を取っていた。

竈門禰豆子は太陽の下を歩けるようになっており、我妻善逸はあまりの可愛さに驚き散らしていた。しかし、禰豆子が「おかえりいのすけ」と口にすると、嘴平伊之助に怒りを燃やす。

痣の発現条件が判明!?

一方、産屋敷邸では緊急で柱合会議が開かれ柱が集められていた。

産屋敷耀哉は病状がかなり悪化しているようで、今回の柱合会議は産屋敷あまねが代理を務めている。禰豆子が太陽を克服したことで鬼舞辻無惨との総力戦が近いことを悟っているあまね。今回柱が集められたのは、先の戦いで時透無一郎甘露寺蜜璃が発現したため。二人から痣の発現条件を聞き出すために今回の柱合会議は開かれた。

戦国の時代、無惨をあと一歩のところまで追い詰めた始まりの呼吸の剣士たちも同じように痣が発現していたららしい。そして、「痣の者が一人現れると共鳴するように周りの者たちにも痣が現れる」と伝わっている。甘露寺はあまねに頼まれなんとか痣の発現条件を伝えようとするが、はっきり言って意味がわからないww

甘露寺のあまりのあれっぷりに他の柱もキョトン顔。しかし、無一郎には痣の発現条件に心当たりがあるらしく、無一郎の口から痣の発現条件が語られていく。

鬼滅の刃128話の感想

ついに痣についての情報が明らかになる感じですね!これは重要情報になりそうなので、次回は必見です。ここで語られるということは、おそらく他の柱も痣を発現させることになると思います。他の柱がどれほどの強さなのか非常に気になるところですね。

<<前の話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。