鬼滅の刃

【鬼滅の刃】124話のネタバレ【玄弥の特殊能力が明らかに】

鬼滅の刃124話のネタバレを掲載しています。124話では、玄弥の特殊能力が明らかに。玄弥には鬼を喰うことで一時的に鬼化できる能力があることがわかりました。鬼滅の刃124話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃124話のネタバレ

玄弥の能力

甘露寺蜜璃産屋敷耀哉から言われたことを思い出していた。「君は神様から特別に愛された人なんだよ蜜璃」「自分の強さを誇りなさい」と言われ、甘露寺は泣き出していた。鬼殺隊ではみんなが自分を認めてくれたこと、から守った人たちがお礼を言ってくれたことを思い出し、「みんな私が守るからね」と強く決意する甘露寺。半天狗の血鬼術を甘露寺はすべて斬り裂いていく。

その間に竈門炭治郎たちは半天狗の本体を倒そうとする。半天狗は甘露寺の動きがさっきよりも速くなっていることが気になっていた。甘露寺の体にはが発現していた。

半天狗は甘露寺に足止めされ苛立っていたが、「必ず体力が続かなくなる」と甘露寺の限界を待つ構えを取る。

半天狗の本体を追う炭治郎たちだったが、半天狗の血鬼術に苦戦。そこで、不死川実弥は半天狗の木をものすごい勢いで捕食し始める。

玄弥は特異体質で鬼を喰うことで一時的に鬼の体質になることができる。強い鬼を喰えばそれだけ再生力も筋力も上がる。身体能力が低く呼吸も使えない玄弥が柱に近づくための苦肉の策だった。玄弥は優れた咬合力と特殊な消化器官の持ち主だったので、このようなことができるようになった。

逃げる半天狗の本体

玄弥のおかげで半天狗の本体が隠れる木を倒し、炭治郎のヒノカミ神楽 炎舞で木を切断する。が、半天狗の本体はすでに木の中から逃走していた。

今まで犯した罪、悪業から逃げる半天狗に怒りを見せる炭治郎。そんな半天狗に玄弥が木を投げつけていく。

鬼滅の刃124話の感想

124話では玄弥の能力が明らかになりましたね〜。玄弥も甘露寺に続いて特異体質の持ち主でした。それも一時的に鬼化できるという鬼滅の刃ではなかなか珍しいタイプの能力ですね。炭治郎&玄弥が半天狗の本体を追い詰めていきますが、どうなっていくのか楽しみなところです。

<<前の話 124話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。