鬼滅の刃

【鬼滅の刃】1話のネタバレ【禰豆子が鬼に】

鬼滅の刃1話のネタバレを掲載しています。鬼滅の刃1話では、主人公の炭治郎の家族が鬼に惨殺されてしまい、妹の禰豆子も鬼に変えられてしまいます。そして、そこに鬼を狩る剣士が現れ、炭治郎と対立していく。鬼滅の刃1話の内容を知りたい方は是非ご覧になってください。

鬼滅の刃1話のネタバレ

禰豆子が鬼に

本作品の主人公、竈門炭治郎は炭を売るために家を離れ、村に下りようとしていた。

村で炭を売った炭治郎は家族が待つ家に戻ろうとするが、「日が暮れると人喰いが出る」と止められ、村の男の家で一泊することになる。夜が明けてから家に戻ると、なんと炭治郎の家族は惨殺されていた。

妹の竈門禰豆子だけはまだかろうじて息があったのでおぶって連れて行ったが、禰豆子は突如白目を剥いて突如唸り声を上げる。なんと禰豆子は鬼になっており、炭治郎に襲いかかってきたのである。

鬼を狩る剣士の登場

襲われる禰豆子に抵抗する炭治郎の元に、突如謎の剣士が現れる。この剣士は鬼を狩ることが仕事で、鬼になった禰豆子を殺そうとしていた。

剣士が禰豆子に刀を突き刺そうとすると、炭治郎は土下座をしながら禰豆子を殺さないようにとお願いをする。しかし、人を守る力がなく、ただ命乞いすることしかできない炭治郎を見て剣士は叱責。

そして、今度は禰豆子に刀を突き刺すと、炭治郎は石を投げて剣士を止めようとする。炭治郎は剣士に倒されてしまうが、一瞬の隙に炭治郎は斧を上空に投げており、それで生じた隙を突いて禰豆子を救出する。

そして、炭治郎に助けられた禰豆子は炭治郎を守ろうとする構えを取る。

一刻も早く人の血肉を喰らいたいはずにも関わらず、炭治郎を守ろうとする禰豆子の様子を見て、「この鬼は他の鬼と違うかもしれない」と剣士は考えを改め出す。二人が目を覚ますまで待っていた剣士は、「狭霧山の麓に住んでいる鱗滝左近次という老人を訪ねろ」と伝え消えて行った。そして、炭治郎と禰豆子は冨岡義勇という剣士の言う通り、鱗滝の元に向かって行く。

鬼滅の刃1話の感想

鬼滅の刃第1話のネタバレでした。鬼滅の刃1話では、禰豆子が鬼に変えられてしまいましたが、それを守ろうとする炭治郎の優しさが印象的ですね。この優しさこそ炭治郎の良いところであり、鬼滅の刃の見所です。これから始まる炭治郎と禰豆子の冒険をお楽しみに。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。