怪獣8号

【怪獣8号】71話のネタバレ【キコルと鳴海の識別怪獣兵器がやばすぎるwwwww】

怪獣8号71話の要約と注目ポイントをまとめています。71話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、怪獣8号の内容を振り返りたい方はご活用ください。

怪獣8号71話のネタバレ

各隊制圧の命令ががかかるが、あまりの怪獣の多さに戸惑っていた。

隊員たちも避難を始めていた。今の鳴海は識別怪獣兵器1フル装備であり、いわば人の形をした大怪獣。今このエリアでもっとも危険な生物となっていた。

フル装備の鳴海、ザ・ワールドですねww

部隊の分散配置と専用道路の増設が功を奏したようで、市民の避難拠点の確保は過去例にないほど迅速に進んでいた。ただ、怪獣たちは全国各所で発生しており、増援を送ることはできない状況だった。

第6部隊隊長の保科宗一郎が登場。宗四郎のお兄さんでしょうか??

兵庫だけでなく、仙台、函館と全国的に怪獣発生の報告がきていたのだ。怪獣たちは大都市や発電所といった政府施設・交通要所といった重要施設を狙ってきており、裏で9号が動いていると防衛隊は確信していた。

国会議事堂周辺・調布飛行場周辺・大泉I.Cエリアは特に苦戦を強いられていた。

鳴海は長谷川に「アレを出撃させろ」と指示を出す。識別怪獣兵器4専用電磁放出装置が使われようとしていた。

識別怪獣兵器4に身を包んだキコルが乗り込んでいく。続々とナンバーズ装備が出てくる展開はワクワクが止まりませんな。

<<前の話 71話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。