怪獣8号

【怪獣8号】69話のネタバレ【エピソード7「群発災害」がやばすぎる・・・】

怪獣8号69話の要約と注目ポイントをまとめています。69話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、怪獣8号の内容を振り返りたい方はご活用ください。

怪獣8号69話のネタバレ

相次いで怪獣が発生した事件から3ヶ月後、怪獣がまったく発生しないという怪奇現象が続いていた。

有明りんかい基地地下17階層にて。鳴海とキコルが強化装甲演習室で訓練していた。

第1部隊第3部隊の共同演習場にて。カフカと保科が組手を行っており、保科のほうがまだまだ威力の高い一撃を放っていた。

昼休み、カフカが屋上で昼食を取ろうとするとミナがいて、ミナの横で昼食を取ることになる。

今の静けさを見て、ミナは「まるで本当に怪獣が全滅したみたいじゃないか?」と口にする。2人しかいないことからミナはカフカに前の調子でいいと伝える。

カフカとミナが思い出話に花を咲かせていた。ミナは「もう君の後ろに隠れていなくても大丈夫、だから一人で背負い込まないで」と伝える。

「ああ、そうだな」と返したカフカの笑顔を見て、ミナは「変わってないな、無理してる時の笑顔も」と去っていった。カフカとミナは未来のために勝たなきゃいけないと考えていく。

新宿区歌舞伎町にて。怪獣が一般市民を襲っていく。エピソード7群発災害に突入する。

<<前の話 69話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。