怪獣8号

【怪獣8号】61話のネタバレ【レノの解放戦力が51%に!!!!!】

怪獣8号61話の要約と注目ポイントをまとめています。61話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、怪獣8号の内容を振り返りたい方はご活用ください。

怪獣8号61話のネタバレ

イハルは「高専時代の俺は無敵だった」とかつての自分を思い出す。

かつてのイハルは自分の底が見えなくてどこまで強くなるんだろうとワクワクしていた。ミナ、鳴海、四ノ宮功クラスの存在になると信じて疑いもしなかった。

だが現在、余獣すら1発で倒せない自分の実力にイラついていた。イハルは余獣に吹っ飛ばされてしまう。

緒方がイハルに「無理はするな」と撤退を勧めると、イハルは自分の情けなさを感じながら「入隊してから俺の成績はピタリと伸びなくなった」と振り返る。本物の才能たちを目の当たりにして、自分はそっち側じゃないと日々突きつけられていた。そして、本当の怪物は視界の外から現れたとレノの成長っぷりに驚かされる。

すると、本獣と対峙したレノが43%もの解放戦力を行っていた。

レノは氷結能力を駆使し本獣と戦っていく。

レノは「表皮の硬さも再生速度も余獣たちとは桁が違う、これじゃ核まで届かない」「もっと力がいる」と解放戦力を46%まで上げていく。レノがさらに51%まで上げ強烈な一撃をお見舞いする。

隊員たちがレノの心配をすると、レノは「大丈夫、むしろ頭はいつもより冴えてますよ」と返すが、緒方は「いかんな」とレノの異変を感じ取っていた。

<<前の話 61話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。