怪獣8号

【怪獣8号】59話のネタバレ【レノに死亡の危機が・・・】

怪獣8号59話の要約と注目ポイントをまとめています。59話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、怪獣8号の内容を振り返りたい方はご活用ください。

怪獣8号59話のネタバレ

かつて四ノ宮ヒカリが怪獣6号と対峙し、「まるで怪獣の王だな」と評していた。

第4部隊隊長緒方ジュウゴが6号スーツの適合候補者のレノを預かり「とんでもない子を預かっちゃったねぇ」とやれやれといった様子だった。

怪獣6号はフォルティチュード9.6の戦闘能力に加え、多数の本獣クラスの怪獣を従え襲来した。四ノ宮ヒカリ隊長を中心に第2部隊が小田原で迎撃し、後に第一部隊が救援として合流、多数の犠牲を出しながら討伐した。人々に絶望の象徴として記憶に刻まれており、今そんなものを10代の子供に押しつけようとしていることを緒方は嘆いていた。

レノが6号兵器の適合テストを行おうとしていた。

緒方は識別怪獣兵器の話を事前にレノにしていた。識別怪獣兵器は使いこなせば単騎で大怪獣を処理できるレベルの強力な兵器だが、その反面過大な負荷と最前線での戦闘機会の増加により、使用者の反数は除隊前に命を落としていた。その中でも最も強力で最も危険と言われているのがナンバー6。それを踏まえ緒方は辞退すべきだと思うとレノに伝えていた。

レノはカフカが「怪獣8号として防衛隊の戦力に入った」と聞いており、「あの人の夢はどうなる、あの人のことは誰が救う」と決意を固めテストを始めていく。腕部のみの装着に関わらず、レノは体力を吸い上げられる感覚に陥っていた。「負けない」と抗おうとするが、6号のあまりの存在感に一瞬で気を失ってしまう。レノは「ああそうか、先輩はいつもこんなモノと闘ってるんだ」と改めてカフカのすごさを実感していく。

医務室に運ばれたレノが目を覚ます。緒方が「少しは実感が湧いたかい?識別怪獣兵器を使うということの恐ろしさが」と言い、もう一度辞退すべきだと進言するが、レノの決意は揺らがなかった。

レノの決意を見た緒方は「危うい」「このままナンバー6で最前線に出ればおそらくこの子は近い将来命を落とす」と考えながらも「かといって言って聞く正確じゃなさそうね」と試用期間1ヶ月の後討伐に出てもらい、戦場で6号を着るにふさわしいかどうかを見極めさせてもらうと告げていった。

<<前の話 59話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。