怪獣8号

【怪獣8号】58話のネタバレ【レノが「最強兵器」識別怪獣兵器6の適合者と判明】

怪獣8号58話の要約と注目ポイントをまとめています。58話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、怪獣8号の内容を振り返りたい方はご活用ください。

怪獣8号58話のネタバレ

保科が「協力し合わなければこの国は滅びます」と告げていく。

「9号が新種を作り出す」と言っていた10号が嘘をついている可能性を問われると、保科は怪獣発生のメカニズムについて触れていく。怪獣発生のメカニズムは不明な点が多いが、断層が発生させる莫大なエネルギーと歪みが地中の物質や付近の動植物に作用して怪獣を発生させているという説が有力で、9号が意図的にこれに関与して怪獣を生み出している可能性を保科が挙げていく。

居所の情報を問われると、保科はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの接する区域のどこかという予測を告げ、人類では立ち入りできない領域に潜んでいることが明かされた。

さらに、亜白が長官を取り込んだことで防衛隊の戦力を把握した可能性を挙げる。保科は次に9号が動き出すまでの数ヶ月内にどれだけ9号の想定外を作り出せるかが勝負と語る。現在主力ではない若き才能の成長が鍵と考えていた。

亜白は最重要なのが「最強の兵器」である6号兵器の適合者の育成と口にする。そして、市川レノがその適合者になりつつあることが明かされた。

<<前の話 58話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。