怪獣8号

【怪獣8号】57話のネタバレ【日本が滅ぶ可能性が浮上】

怪獣8号57話の要約と注目ポイントをまとめています。57話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、怪獣8号の内容を振り返りたい方はご活用ください。

怪獣8号57話のネタバレ

第3部隊が怪獣9号に関する新情報をつかみ、第1基地に来るという話が入る。代表が保科であることを知った研究員は「荒れるかもしれんな」と話していた。

長谷川が同じく東京を管轄内に持つ第1と第3は事あるごとに比較される上、縄張り意識からくる衝突やイザコザが多く、言わば犬猿の仲であることを語った。

鳴海が保科に喧嘩を売るが、保科はさらっと受け流した。保科が「もしかしてまだ根に持ってます?討伐演習ランキング小型怪獣部門で僕が鳴海隊長抜いてしもたの」と煽ると、鳴海は思いきり食らってしまう。

他隊員たちもバチバチにやり合っていると、「やめんか」と長谷川が制する。長谷川が師団会議に第3を案内していった。隊長たちが集う対9号対策特化東方師団会議が始まっていく。

新たに長官となった伊丹が保科に「本題に入れ」と話を振る。保科は9号災害は1部隊でどうこうできる災害ではないと話を始めた。拘束中の10号の話によると、10号は9号によって作り出された試作品だった。現在日本の防衛隊の識別クラス処理能力は同時に5体程度が限度と言われている。Ft.9.5を超える特識クラスが含まれる場合その数はさらに減る。もし9号がこの数をはるかに超える数の強力な怪獣を生み出しているとしたら、部隊の垣根を超えて協力し合わせなければこの国は滅ぶと保科は伝えていった。

<<前の話 57話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。