怪獣8号

【怪獣8号】51話のネタバレ【四ノ宮功VS怪獣9号が決着】

怪獣8号51話のネタバレを掲載しています。51話では、功と怪獣9号の戦いが決着を迎える。カフカと鳴海が駆けつけると、そこには立ち尽くす功の姿があった。怪獣8号51話の内容を知りたい方はご覧ください。

怪獣8号51話のネタバレ

四ノ宮長官が「この恐るべき厄災をあの子の未来に残さぬように」と怪獣9号を貫いていいく。

来栖が「指向性エネルギー攻撃!?」と言うと、伊丹は「札幌を壊滅させた2号の主攻撃力」「人間の体でそんなものを放てばお前の身が保たんぞ、功」と感じていた。

四ノ宮長官の攻撃で怪獣9号の核が露出する。

怪獣9号は「素晴らしイ」「けどね、ボクはコレに耐える進化をしてきた」と形状を変化させ対応していく。

怪獣9号が「残念ダッたねー」と言うと、四ノ宮長官は2発目を構えていた。9号が「人間にそんなことできる訳」と言うが、四ノ宮長官は2発目を繰り出していく。

その威力はビルを破壊するほどだった。

あまりの破壊力に四ノ宮長官の元を目指すカフカも驚いていた。

来栖が「ちょ、長官は」と功の様子を確認すると、9号は「あー、強化したボクの肉体でも耐えきれないトはね」と体が崩れ去っていく。

怪獣9号は「けド残念、こレがニンゲンの限界」「キミの体がカイジュウならボクの負けだっタのに」とギリギリで生き延びていく。

来栖が「長官、退避を」と叫ぶが、功は「一撃、あと一撃」と白目を剥きながらつぶやく。

そして、9号が「さあ2号、怪獣に戻ろウ」と功に襲いかかっていく。

カフカと鳴海が駆けつけると、そこには立ち尽くす功の姿があった。

<<前の話 51話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。