怪獣8号

【怪獣8号】49話のネタバレ【四ノ宮長官VS怪獣9号】

怪獣8号49話のネタバレを掲載しています。49話では、カフカたちが戦っていた怪獣9号はどちらも分身体で、本体は長官らがいる本部に現れた。そして、四ノ宮長官と怪獣9号の戦いに突入する。怪獣8号49話の内容を知りたい方はご覧ください。

怪獣8号49話のネタバレ

怪獣9号が「「強大な怪獣の力」はもらっていくよ」と言うと、カフカは「何を言って」「鳴海隊長、こいつ本体じゃない」と気づいていった。

「あー、見つけたぞ」「適合者と怪獣2号」と怪獣9号が本部に現れた。

「こいつらは囮、狙いは長官!?」とカフカと鳴海は長官の元に走っていく。

キコルも「パパ」と長官の元に急ぐ。

四ノ宮長官が「総員退避だ」と告げ、アタッシュケースで怪獣9号の攻撃を防いだ。

四ノ宮長官が「狙いは2号の力か、渡すわけにはいかん」と考えながら「伊丹、乃木坂、皆の避難と統率を頼む」と伝えると、乃木坂が「ふざけるな、俺も戦うぞ」と言うが、伊丹は「邪魔になる」「歯痒いがそういうレベルの相手だ」と止めた。

四ノ宮長官が武器を装着する。

怪獣9号が「こんなに早くβとγがやラれちゃうとはなぁ」「脱皮前のボクくらいは強かっタはずなんだけど」と言うと、四ノ宮長官は「先手を打ったつもりだったんだがな」「お前の進化はさらに想像の上だったか」と感じていた。四ノ宮長官と怪獣9号の拳がぶつかり合う。

伊丹が「第3部隊の報告では9号のフォルティチュードは8.5」「今の功でもなんとか対処可能なレベル」と見ていたが、怪獣9号に押されていた。

怪獣9号が「あれ?」「ボク強くなりすぎちゃっタかな」と言い放つと、伊丹は「いかん、これは想定の遥か上」と評価を改めていく。

四ノ宮長官は「それでも貴様は今日この場で私が始末する」と9号の拳を弾き返していった。

<<前の話 49話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。