怪獣8号

【怪獣8号】37話のネタバレ【暴走した怪獣8号がカフカの自我を取り戻す】

怪獣8号37話のネタバレを掲載しています。37話では、暴走した怪獣8号が功を殺しかけてしまう。が、ミナの言葉を思い出したカフカがなんとか自我を取り戻していく。怪獣8号37話の内容を知りたい方はご覧ください。

怪獣8号37話のネタバレ

父親殺してたまるかよ

伊丹が「いかん、8号の強度が功の想定を超え始めたぞ」と危惧していた。

カフカは「やばい、8号を止めねーと」と焦っていた。

8号の攻撃を躱し、功は隊式格闘術 2式双破を放つ。

が、8号にはまったくダメージがなく、功はシールド出力全開で8号の攻撃を防ぐが、気を失いそうになるほどの衝撃を受ける。

功が電撃を繰り出して攻撃する。

が、それも8号には効かず、8号が功を壁に叩きつける。

カフカは「このままじゃ長官を」「っざけんな」「キコルの目の前で父親殺してたまるかよ」とキレていた。

キコルが「私は、私はあいつを、それでも信じたい」と「怪獣なんかに負けてんじゃないわよ、バカカフカァ」と叫ぶ。





俺は怪獣8号じゃない

カフカはなんとか抜け出そうとするが、目の前に巨大な怪獣が迫っていた。

怪獣に捕食されカフカは「俺はいつだってこうだ」「肝心なところで失敗する」「ちくしょう」「ちくしょう」と感じていた。

8号の暴走を受けて功は「期待したがこれまでか」とつぶやく。

が、カフカはミナ「ずっと待ってる」という言葉を思い出し、自身の胸を貫いていく。

怪獣8号も胸を貫き、「俺は怪獣8号じゃない、日比野カフカだ」とカフカが自我を取り戻していく。

<<前の話 37話 次の話>>

【怪獣8号】全話ネタバレ一覧【最新話あり】怪獣8号のネタバレ記事をこちらにまとめております。怪獣8号の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返したい方は...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。