カイジ

【カイジ賭博堕天録24億脱出編】422話のネタバレ【カイジたちが絶体絶命の危機に・・・】

カイジ賭博堕天録24億脱出編422話の要約と注目ポイントをまとめています。422話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、カイジ賭博堕天録24億脱出編の内容を振り返りたい方はご活用ください。

カイジ賭博堕天録24億脱出編422話のネタバレ

遠藤の命を受け百貨店内の各要所の人員を撤収させ配置換え、つまり百貨店の出入り口に配置させ固めていった。

それぞれの出入り口を外から固め、マリオが出た瞬間確保する構えを取った。

マリオは「なんだったんだ?さっきのあれ」と帝愛の見張りたちの異変に気づいていた。

マリオが「確保をしないってことは泳がせている」「つまり、「確保」の「命」にはまだ至っていない?」と推測するが、実際は確保の命はすでに下っているが確保が猶予されているだけだった。そして、保留しつつのロックオンが続いていた。

この時、包囲班はマリオが自分たちの「追尾」に気づいていることをわかっていた。すでにバレているので気配を消すことにぞんざいで、どんなハプニングが起ころうと今度こそ見失わないことを優先させていた。

その時、カイジたちはタクシーで百貨店に急行していた。

カイジが「百貨店の前は通らないので裏側からピックアップポイントに行ってくれませんか?」と言うと、運転手は「なんで?」と返す。カイジが「百貨店まわりはチェック済みなのでここはもう近づかない方が」と伝えると、運転手は「チェックっていつしたの?」と聞く。カイジが「だいたい30分位前に」と答えると、運転手は「ダイジョビでない」「30分で状況はどう変わるか分からない」と告げた。カイジが「もう確認済みなんだって」と内心呆れていると、運転手は「万全を尽くす為にGO」と視察を強行し、カイジとチャンは見られないようにとっさに伏せていく。

運転手が「見張りがいたとしても通りがかりのタクシーなんかに目はいかねぇよ」と言いながらリスキードライブを敢行すると、カイジは出入り口を囲む異様な数の人がいることに気づいていく。

出入り口が帝愛の見張りに囲まれていることに気づくのであった。

<<前の話 422話 次の話>>

【カイジ賭博堕天録】全話ネタバレ一覧【最新話あり】カイジ賭博堕天録のネタバレ記事をこちらにまとめています。カイジ賭博堕天録の今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 カイジ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。