カイジ

【カイジ賭博堕天録24億脱出編】405話のネタバレ【包囲されたマリオがまさかの消滅!?】

カイジ賭博堕天録24億脱出編405話のネタバレを掲載しています。405話では、包囲されたマリオがデパートを後にしようとするが、ふとエレベーターで下に降りることを決める。帝愛はエレベーターの前で待ち構えるが、降りてきたはずのマリオを見つけることができなかった!?カイジ賭博堕天録24億脱出編405話の内容を知りたい方はご覧ください。

カイジ賭博堕天録24億脱出編405話のネタバレ

空白の時間

これまでか?ロック。一網打尽の破滅へ、そうとは気づかず着々と、粛々と歩を進めるマリオ。

が、この時ふいにマリオ足を止める。帝愛の債務者たちが「くっ、ヤバイ、気づかれたか?」と感じるが、いやそういうことではない。そういうことではなく単に迷子。初めて入った百貨店、いろんなショップの買い物を回収しているうちにエスカレーターの位置分からなくなる。とはいえ、適当にフロアーを歩きまわっていればいずれぶち当たるエスカレーター。心配には及ばないが、この時マリオの目の先にもうひとつある昇降機、エレベーター。マリオ目だけはいい。見える、この階に向かって降下してくるエレベーターランプの灯り。予定変更。

すると、見張りの男が一人「エレベーターで降りる気だ」「皆はいい、オレがつく」「皆はエスカレーターで先回りしてくれ、一階のエレベーター前に」と指示を出した。

ここで二手に分かれる。バタバタと何人もかけつけエレベーターに乗りこむのはあまりに不自然だ。ここは代表して一人だけつくのが良。「帝愛」の安川、マリオに何か感づかれたかと危惧したが、現状何の問題もないことを確認、人心地つく。

追尾は破綻なく履行されている。が、ここで想定しなかったイレギュラー。到着したエレベーターがほぼ満員。降りる人もいない。先に並んでいた女性、マリオに続き安川乗る。乗るが、定員オーバーを告げる無情なブザー。となればしかたない、社会のルール、最後に乗った者が降りざるを得ない。不可抗力、仕方のない展開でここで一度「帝愛」、「マリオ」から目が切れる。「追尾」が途切れる。マリオを捕捉しきれない空白の時間が生まれる。

生まれるが、それでも出来る範囲でマリオの動向を追う。エレベーターの動向を追う安川は「3階で長く停まっている、誰か降りた」「う、2階でもまた停止」「よし、これはある意味よし」「これだけ停まれば先回りさせたさっきの皆がマリオより早く集結出来る、1階エレベーター前に」「瞬間見失ったけど問題ない」と考え、「西嶋さん、今マリオエレベーターで1階へ向かってます」「このまま帰宅するものと思われます」「1階エレベーター前に3人すでに人を配置しました」「ですから、降りてからの追尾態勢も万全、包囲ずみです」と電話で伝えた。




消滅

電話を切った西嶋が「部長、いよいよマリオ出ます」「奴が仮に出てすぐタクシーを拾えたとしても、そのタクシーをすぐ追えるようクルマには人が」「さらに、信号を渡って反対方向のタクシーを拾った場合にもそなえ、逆車線にも1台クルマを待機させました」「よってマリオがどちらへ向かおうとすぐ追尾出来ます」と伝えると、遠藤は「よし万全だ、ここまでは」「が、油断大敵」「百貨店出たら出たでまた難しい」「どんなアクシデントが起こるか知れん」「じゃあ、おまえはここで張ってろ」「オレはクルマでスタンばる」「追尾の第二ステージ、タクシー追尾にそなえなきゃならねえ」「オレが乗ってなきゃ状況に応じて臨機応変に指示を出せねえ」と語り、西嶋は「はい、たしかにそれは部長にしか」「おまかせします」と遠藤に託していった。

ノリノリ、遠藤ノリノリ。まさに武者震い状態。が、残念なことにこの時、遠藤が恐れていたアクシデント、あるイレギュラー、ある紛れが起こっていた、すでに。それは消滅。1階にエレベーターが到着するがそこにはマリオの姿がなかったのであった。

<<前の話 405話 次の話>>

【カイジ賭博堕天録】全話ネタバレ一覧【最新話あり】カイジ賭博堕天録のネタバレ記事をこちらにまとめています。カイジ賭博堕天録の今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 カイジ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。