カイジ

【カイジ賭博堕天録24億脱出編】395話のネタバレ【カイジたちがキャッシュカードを獲得】

カイジ賭博堕天録24億脱出編395話のネタバレを掲載しています。395話では、カイジたちが住民票を手にしたことでお目当てのキャッシュカードを獲得していく。そして、カイジたちは再び祝杯の出前を頼むのであった。カイジ賭博堕天録24億脱出編395話の内容を知りたい方はご覧ください。

カイジ賭博堕天録24億脱出編395話のネタバレ

キャッシュ・カード

翌日。たいていの人はすでに手にしているので普段気にもとめずなめている、アイツの実力、恩恵を。アイツとはコレ、住民票。

そう、住民票は単なる紙キレではないのだ。住民票を手にしているから住んでる街での選挙権が生まれ、国民保険・保険証もカイジ自身のモノとして取得出来る。今は個人に一つずつだが、当時は一世帯で一つだったゆえこの時点でカイジの国民健康保険は母の保険証に付帯しえちるかたち。が、今はもう役所で手続きすればカイジ個人のモノとして取得出来る。さらに、パスポートや運転免許証など、身分証明書の作成・更新が簡易。移住地での手続きで問題なくすすめられる。そして、さらにもうひとつ大きな恩恵。カイジらにとって実はこれが、住民票獲得の主目的。本丸。

銀行の係員から「伊藤様、ありがとうございます」「2000万の普通預金と10万円の定期預金、確かにお預かり致しました」「で、伊藤様」「キャッシュ・カードはいかが致しましょう?」と聞かれると、カイジは「きたぁ〜っ」と感じていた。

キャッシュ・カード、これが欲しかった。今まではこれが出来なかった。キャッシュ・カードの発行、これがダメ。いや、出来ることは出来るのだが、キャッシュ・カードは住民票に記載されている住所に手続きから1〜2週間後郵送されるのが銀行の「決まり」。カイジの場合、母の住む団地「実家」に郵送、母に届いてしまう。「帝愛」が張りついている実家にそれを受け取りに行くのは現実的にあり得ぬ選択。リスキーだ。ゆえにカードの申請をカイジらはここまで躊躇してきた。が、その躊躇もはや不要。この住民票獲得により不要。今、キャッシュ・カードが郵送される先は新居だ。問題ない。

そして、その恩恵はチャン、マリオにも適用される。昨日役所で外国人登録証に裏書きしてもらった新住所。同居するカイジの住所に銀行はキャッシュ・カードを郵送する定め。まさに棚牡丹。カイジの住民票取得により連鎖。球つき的に三者キャッシュ・カードゲットへ。

カイジが「どうだった、カード?」と聞くと、チャンが「問題なく手続き完了」と告げる。





セーフティ能力爆上がり

カイジたちは「前進だ」「これでまた一歩前進だ」と大喜びし、祝杯を挙げる。

カイジが「いやいやいや、これデカイぜ」「思ってるよりズッとデカイ」「今はまだ現状関係ねぇーんだけど、オレたちの逃避行その最終段階で必ず「モノ」を言う」「このカードの取得」と語り出すと、マリオが「ですね」「だってこれで僕たち、機械でおろせますから」「窓口に行かなくていい」「デカイっス」と言う。

そう、これまでカイジらは機械に通帳を入れお金を預け入れることは出来たが、引き出し、それは出来なかった。が、カードを手にすることによって引き出しも可能。これはこの預金旅の終盤。いよいよ外国へ高飛びって時に人目のつくロビーで長々待ち、かつ銀行の営業時間9時〜3時という縛りの中窓口での引き出し。これをしなくていいってことだ。デカイ、セーフティ能力爆上がり。これでラストでヘタを踏む。そのリスクを大幅に回避軽減。機械なら24時間いつでも短時間で目立つことなくお金をおろすことが出来る。この機械での引き出し。現在は一日の上限が100万というのが一般的だが、カイジらの逃避行当時は1日500万まで可能だった。この上限が「現在の5倍」というのもカイジらにとってグッド。ありがたい話。というかそもそも、その引き出し上限500万ということがあったからカイジらは現金を一行につき2000万まで留めていたのだ。一行で5000万・一億という現金をしてしまうと、将来キャッシュカードを作ることが出来たとしても機械で全部おろすには10日・20日という日数がかかってしまう。それでは何が起こるか分からない最終局面、差し迫った状況に対応出来ない。しかし、2000万、4日で全て引き出せるならなんとかギリ対応出来るのではないかというゆくゆくの状況を鑑みてのカイジの配慮、抑制だった。それが今回生きた。キャッシュカード、魔法の力をまずまず発揮出来る4日で全クリア、2000万。

マリオが「カイジさん、出前いきましょう〜」「キャッシュ・カードゲットを祝して出前」と言うと、カイジは「いやいや、マリオ」「何かあると出前・出前ってちょっとタガが外れ過ぎじゃないか?」と返す。が、マリオは「カイジさん」「いいんですか?」「僕たちもう少ししたら出前は基本禁止」「だってこれからバンバンキャッシュカード作るじゃないですか」「となればもうちょっとしたら、各銀行からキャッシュカードが次々に届くわけで「それ」いつ来るか分からないんだから、となればしばらく表札は「伊藤」から動かせない」「つまり、「蒲池」で出前頼めるのは今日から数日ってことで」と説明し、カイジは「出前GO〜」と納得していく。そして、カイジたちはピザを注文する。

再び表札が蒲池になっているのを見たモネは「一時は表札をかけれぬ程こじれにこじれた家庭内焼土」「覇権争いもついに終止符、「蒲池」が制したってことか」「どちらもギリギリまで譲らぬ強情なさぞや熾烈な闘いがこの「家」の中で」「武田VS上杉みたいな」「バカタレ」「そういう統治は引っ越す前に済ませておけよ」「揉めるな、引っ越してから」「気を揉むわ、近隣が、バカップル」「迷惑なんじゃ」「あえて水はかけぬ、迷惑返し」と散歩させている犬が塀におしっこしたのをそのままにし去っていった。

この後、また「伊藤軍」が盛り返し、基本「伊藤」が表札となるが、でも時々「蒲池」にもまたなるというまだまだ続く混乱・迷走をこの時モネ婆は知らぬ。知る由もない。

<<前の話 395話 次の話>>

【カイジ賭博堕天録】全話ネタバレ一覧【最新話あり】カイジ賭博堕天録のネタバレ記事をこちらにまとめています。カイジ賭博堕天録の今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 カイジ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。