呪術廻戦

【呪術廻戦】特級呪霊一覧【最上位に分類される呪い】

呪術廻戦に登場する特級呪霊。特級呪霊は呪霊の中でも最上位に分類される呪霊で、作中でも主要なキャラクターが多いです。今回、作中でどんな特級呪霊が登場したのかなど、特級呪霊についての詳細情報をまとめたので、振り返りたい方はぜひご活用ください。

特級呪霊

最上位の呪霊

呪霊の中でも最上位に分類されている。高専が登録している特級呪霊は16体だが、真人のように未登録の特級呪霊も存在している。通常兵器が呪霊に有効と仮定した場合、その威力はクラスター弾での絨毯爆撃と同等とされている。

一覧

両面宿儺

「呪いの王」と称される特級呪霊。虎杖が指を飲み込んだことで現在は虎杖に受肉している。

【呪術廻戦】両面宿儺【作中最強の呪いの王】両面宿儺は呪術廻戦の登場キャラクターです。宿儺は作中最強の呪いで、現在主人公の虎杖に受肉しています。宿儺について作中で明らかになっている...

真人

人間への恐れから生まれた未登録の特級呪霊。無為転変という魂の形を変えることで肉体の形を変形させる術式を扱う。夏油と組み、呪い優位の世界を創り出そうと画策している。

【呪術廻戦】真人【人間への恐れから生まれた特級呪霊】呪術廻戦の登場キャラクターである真人。真人は人間への恐れから生まれた特級呪霊です。真人について作中で明らかになっている情報をまとめたので...

漏瑚

大地への恐れから生まれた未登録の特級呪霊。火炎や火山を生み出し操る術式を扱う。夏油と手を組み、呪霊優位の世界を創り出すことを画策している。

花御

森への恐れから生まれた未登録の特級呪霊。植物を生み出し操る術式を扱う。夏油と手を組み、呪霊優位の世界を創り出すことを画策している。

陀艮

海への恐れから生まれた未登録の特級呪霊。水を生み出し操る術式を扱う。夏油と手を組み、呪霊優位の世界を創り出すことを画策している。

祈本里香

乙骨憂太に取り憑く特級過呪怨霊。底なしの呪力と無条件の術式模倣という最強すぎる能力を乙骨に与えていた。当初、乙骨に取り憑く呪いと考えられていたが、実際には乙骨が「最愛の人の魂を抑留する」という縛りで呪いとなっていた。

化身玉藻前

高専に登録されている特級呪霊16体の内の一体。夏油が呪霊操術で繰り出していた。

少年院に現れた呪霊

少年院に現れた特級呪霊。宿儺の指を取り込んでいた。

八十八橋に現れた呪霊

八十八橋に現れた特級呪霊。宿儺の指を取り込んでおり、少年院の呪霊と見た目は同じだがこちらのほうがだいぶ強い。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。