呪術廻戦

【呪術廻戦】96話のネタバレ【子供時代の五条悟がやばすぎるww】

呪術廻戦96話のネタバレを掲載しています。96話では、五条悟が誕生したことによる影響が描かれる。そして、虎杖・伏黒VS粟坂が始まっていく。呪術廻戦96話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦96話のネタバレ

五条悟爆誕

1989年12月7日、五条悟が誕生。

「パパ誕生日おめでとう」という少女が登場。

「プレゼントは私の制服姿でーす」と言うが、パパは「別にいいけどさ、そんなに自信満々だといつかママみたいになっちゃうぞ?」と言う。娘が「えー?」「ママ嫌い?」と聞くと、「嫌いじゃないけど浮気したからなぁ」とパパが答える。すると、「パパかわいそ」と言い、突如娘に首を刺されていく。

娘の顔が変化していく。その正体はオガミ婆だった。

パパが「ほのか」「むすめはぁ?」と聞くと、オガミ婆は「殺した」「降ろして化けるのには死体がいるからのう」と返す。パパを殺すと、「今際の際に叫んどったのは母親の名前じゃったぞ」と言いその場を後にする。

森で粟坂「途中で破けてしまった」とつぶやく。

粟坂は人の顔を生きたまま剥いでいた。

生き埋めにされた人間は「なんっでこんなことするんですかぁ」と言うと、「人を殺す仕事なんだ」「人体の仕組みはよーく知っておかないとな」と頭の皮を剥いでいく。

「俺達は自由だった」「年々活発になる呪霊の相手で術師達は手一杯」「上手く立ち回れば何にも縛られずに自由に稼げる」「自由に我儘に呪詛師は生きていた」と粟坂は考えていた。粟坂とオガミ婆に、五条家に六眼持ちのトータルの賞金がすでに億越えの五条悟が生まれたという報告が入る。

2人とも五条悟を見に行くが、一目見ただけで震えや汗が止まらなかった。

「年々力を増す呪霊」「一瞬で理解した、その原因を」「コイツだ、五条悟だ」「陸上競技の不動の世界記録が急に更新されだすように」「フィギュアスケーターがある選手を境に次々とジャンプの回転数を上げるように」「五条悟が生まれて世界の均衡が変わったんだ」と考えていた。

粟坂の流儀

「俺達は自由だった」「晩年にしてその自由を奪われた」「ふざけんな」「俺は生涯現役」「死ぬまで弱者を蹂躙する」という想いで、粟坂は虎杖・伏黒と戦っていた。

「マジでなんなんだよコイツ」「タフとかいうレベルじゃねーぞ」と虎杖が言うと、伏黒は「十中八九奴の術式が絡んでる」「攻撃の無効化?いや」と考えていた。伏黒が「五条悟が渋谷に来てる」「さっさとの基を置いて逃げたらどうだ」と言うが、「くっくっくっ、ハッタリが下手だな」「「五条は封印された」、オマエ達が言ったんだぜ、デカイ声でな」「つーかだから呪詛師がハシャいでんだろ」「五条が元気なら家で寝てるわ」と粟坂は返す。

伏黒は「やっぱりそうだ」「コイツは五条先生に勝てない」「だからコイツの術式は無効化なんて大そうなもんじゃない」と考える。「やる気がないならそろそろ殺すが?」と粟坂が言うと、伏黒は「脱兎」を出す。

脱兎が粟坂にぶつかるのを見ると、伏黒は虎杖に「一旦下がれ」「奴の術式が分かった」と伝える。

<<前の話 96話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。